2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。南神奈川の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。南神奈川の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…鎌倉学園(ベスト4)

春優勝…横浜

巨大戦力の横浜を鎌倉学園などが追う

投打に逸材のそろう横浜が優勝候補の筆頭。昨秋に横浜を倒した鎌倉学園などが追う展開だ。

 

春季神奈川大会を制した横浜は昨秋のコールド敗退の嫌な流れを払しょくした。もともと個々のポテンシャルは全国トップクラス。エース左腕・板川、昨夏の甲子園のマウンドを踏んだ左腕・及川に最速145キロの左腕・松本の左腕3人は全国屈指の投手陣だ。しかし、関東大会では木更津総合にコールド負けを喫するなど、一度流れが悪くなると止められない節がある。本番に向けてそのあたりを解消できるか。

打線も小泉・斎藤・長南など昨夏からの経験者がずらり。あとは入学当初から注目されていた万波の復活が成るかどうかがカギを握る。平田監督は昨秋の敗退以来守りの野球に転換しており、横浜らしい1点を守り抜いて取りに行く野球が見られそうだ。

この絶対的優勝候補に対抗するのが藤嶺藤沢鎌倉学園だ。

藤嶺藤沢はドラフト候補の左腕・矢沢の存在が大きい。MAX148キロを誇る速球派左腕はスライダーの切れも絶品。本調子ならば横浜といえどもそうは打たれないだろう。また、走っても50メートル5秒台、打っても3番で快打連発とまさに野球の申し子と言えるほどのセンスの持ち主だ。4番の宮原にも長打力があり、打線の援護次第では一気の頂点もありうる。

昨秋に横浜をコールドゲームで倒した鎌倉学園は春も4強入りを果たし、この1年安定した成績を残している。新倉・松丸・中野で組む中軸の破壊力は文句なしであり、技巧派の小島と速球派の大浦が守る投手陣が踏ん張れれば、昨秋の再現もあり得そうだ。夏初出場へ向けて着々と準備は進んでいる。

 

その他では、多彩な投手陣と切れ目のない打線を擁する横浜隼人、中日の山本昌のお兄さんが監督に就任した日大藤沢、古謝・関野柊の左右の両輪を擁する湘南学院、打力に自信を持つ横浜商、春に強豪を連破して8強入りした金沢、投打にバランスの取れた横浜創学館などにも注目だ。

過去5年の神奈川県の甲子園戦績

2013年代表…横浜     3回戦進出

2014年代表…東海大相模  初戦敗退

2015年代表…東海大相模  優勝

2016年代表…横浜     2回戦進出

2017年代表…横浜     初戦敗退

過去5年の代表は横浜東海大相模が独占。2015年には東海大相模が優勝を飾っているが、その他の年はベスト8まで行っていないのは少し意外な印象だ。しかし、対戦相手を振り返れば、2013年の前橋育英・高橋光(西武)、2014年の盛岡大付・松本(ソフトバンク)、2016年の履正社・寺島(ヤクルト)、2017年の秀岳館のW左腕の川端・田浦(ソフトバンク)とすべてのちにプロ入りする好投手とぶつかっており、致し方ない面もあるだろう。

今年は南北の代表にわかれるため、強豪にとっては出場のチャンス。10年前の横浜慶應のように2校とも上位に勝ち進む可能性も十分ありそうだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.