2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。和歌山県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。和歌山県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…智辯和歌山

春優勝…智辯和歌山

選抜準優勝の智辯和歌山が独走状態

選抜で準優勝まで上り詰めた智辯和歌山が投打に戦力充実。このチームを止めるのは容易ではないだろう。

 

選抜で猛威を振るった智辯和歌山打線は春以降も好調を維持。全国屈指のスラッガー林に主将・文元、チャンスに強い富田で組む中軸は大げさでなく全国トップクラスだ。脇を固める神先、西川、黒川、根来らも選球眼が良く、甘く入れば長打もあるという好打者ぞろい。さらに1年生の細川も台頭してきたことでレギュラー争いは激化している。全く穴のない打線に比べて投手陣はエース平田への依存度が高かったが、小堀・池田の両右腕が成長。特に選抜決勝で好投した2年生の池田には期待がかかる。公式戦で6連敗中の大阪桐蔭と当たるまではどこにも負けられない思いだろう。

巨大戦力を誇る優勝候補筆頭に対して対抗馬にあがるのは市立和歌山日高中津になるだろう。

市立和歌山は投手力で勝負をかけることができる。エース中村は最速140キロのストレートと切れのあるスライダーを武器とする本格派。その他にも柏山・金田ら実力者が並び、左サイドハンドの津熊もいてバリエーションに富む。智辯の強打線の目先もかわしていきたい。打線は1番吉田や4番の安永ら上位には力のある打者が並んでおり、投手陣を援護していきたい。ここ数年の流れも鑑みると、打倒智辯の一番手はやはりこのチームだろう。

日高中津も投手力が充実。やはり打倒智辯の必須条件と言えるディフェンス力がしっかりしている。エースの入山は140キロ台の速球を武器にする本格派で、プロも注目の好投手。肘の故障で離脱していたが、回復すれば他校にとって脅威となる。入山の抜けた間に右スリークオーターの宮井が成長したことはチームにとって大きな副産物となった。打線の援護と入山の復活が条件だが、揃えば打倒智辯和歌山の有力候補だ。

 

その他では、エース杉中ら4人の投手陣を巧みに使い分ける初芝橋本、好投手・杉本に期待がかかる和歌山東、元プロの岡本監督が就任して力をつけてきている和歌山南陵、1番田中・4番清岡ら打線には自信を持つ近大新宮、個々のポテンシャルは高い箕島などにも注目だ。

過去5年の和歌山県の甲子園戦績

2013年代表…箕島      初戦敗退

2014年代表…市立和歌山   初戦敗退

2015年代表…智辯和歌山   初戦敗退

2016年代表…市立和歌山   2回戦進出

2017年代表…智辯和歌山   2回戦進出

智辯和歌山に以前の勢いがなくなったこともあって2012年からは4年連続で初戦敗退となっていた和歌山県勢。しかし、2016年に市立和歌山がエース赤羽の好投で連敗を止める勝利を挙げると、昨夏は智辯和歌山が6点差をひっくり返す見事な逆転勝利。再び上昇気流に乗り始めている。今年の智辯和歌山は全国でも屈指の戦力を有しており、出場叶えば間違いなく優勝候補だ。その他のチームは止めることができるか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.