2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。大分県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。大分県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…明豊

春優勝…明豊

強力打線で秋春連覇の明豊が独走態勢か

明豊が秋春と県大会を連破。自慢の打力で県大会完全制覇を成し遂げるか。

強力打線の明豊は何と言っても九州No.1スラッガー濱田の存在が大きい。昨夏の甲子園では2発を放り込み、長打力とチャンスでの強さを証明。さらにスケールアップした姿をみせたいところだ。濱田以外にも昨夏甲子園の延長戦で劇的な同点打を放った菅や川野・伊谷など新戦力も台頭してきており、打力では大分はおろか九州でも屈指の存在だ。投手陣はエース寺迫をはじめ大畑、高山ら速球に力のある選手が揃う。昨夏同様に継投も使ってうまくつないでいきたい。戦力的には頭2つ分抜けた存在だ。

この断トツの優勝候補を止めるチームはどこになるのか。

春季県大会で準優勝した杵築はエースで4番の幡手が中心。長身から140キロ台の速球で押すピッチングが光り、打線もパワー野球が持ち味だ。昨秋にエースを務めた武村や林、萩原と投手陣の陣容は豊富で連戦にも強い。自分たちの持ち味を活かして2012年以来の夏の甲子園をつかみ取りたい。

5月の県選手権で優勝した佐伯鶴城は今一番勢いのあるチーム。池田・河野らの強打のメンツに山口・小川の機動力をMIXした攻撃力はもともと定評があり、エース大神も切れのあるスライダーを武器に成長してきた。大神の投球次第では明豊を食う可能性も十分ありそう。1996年以来の選手権出場なるか。

春夏8強入りの藤蔭も力はある。4番奥園、5番堀田を中心に集中打でつなぐ攻撃が持ち味で一度火が付くと止まらない。エース市川は右スリークオーターから丁寧にコーナーを突いて打たせて取っていき、攻撃にリズムをもたらす。こちらも久々の全国切符を狙う。

投手力に自信を持つのが強豪・柳ヶ浦。140キロ台の速球を持つ上間、中園に左腕・福寿と豊富な陣容の投手力は明豊の強力打線を封じ込める可能性を持つ。打線は春以降徐々に復調してきており、高木・上間で形成する中軸の前にランナーをためたいところだ。常連校だけに明豊に名前負けすることもなく、強力な対抗馬になりそうだ。

その他では、エース翁長をはじめ2年生に力のある選手が並ぶ日本文理大付、古野ー小松のバッテリーが軸の国東、有永ー岐部の投手リレーで勝機を見出す日田林工にもチャンスの芽がありそうだ。

過去5年の大分県の甲子園戦績

2013年代表…大分商  初戦敗退

2014年代表…大分   初戦敗退

2015年代表…明豊   初戦敗退

2016年代表…大分   初戦敗退

2017年代表…明豊   ベスト8

2012年から5年連続初戦敗退苦しんでいたが、昨夏明豊が自慢の強打で8強入り。ようやく長いトンネルを抜けた。今年も明豊は濱田をはじめとして強力打線を擁して代表の座を狙う。しかし、明豊以外のチームの甲子園勝利となると2007年の楊志館までさかのぼらなくてはならない。ほかのチームの奮闘にも期待がかかる。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.