2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。奈良県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。奈良県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…智辯学園

春優勝…智辯学園

春夏連続目指す智辯学園をライバル天理などが追う

選抜出場の智辯学園が圧倒的な強さで春季大会も制覇。優勝候補筆頭を天理などライバル校が追う。

 

智辯学園は一昨年・昨年と比較して戦力的に劣ると言われてきたが、春以降の変貌ぶりは目を見張るものがある。特に打線の成長は素晴らしく、県大会6試合で15ホームランと塚本・岡野らが打って打って打ちまくった。下級生も坂下や1年生の三田などが力をつけており、選抜とは別の打線に生まれ変わりそうだ。投手陣は伊原・川釣の左右の両エースが健在。投打に充実した状態で夏の県予選に臨めそうだ。

一方、2年連続の出場を目指す天理は宮崎・太田ら昨夏のレギュラーメンバ―の残る打線には力がある。特に太田はスケールの大きなプレーヤーでプロも注目の好選手だ。一方、投手陣は昨夏の甲子園で完封勝利をマークした左腕・坂根をはじめとして多彩な投手陣を擁するものの、春季大会では智辯学園にコールド負けを喫した。ライバルの強力打線を止めない限りは出場はないだけにディフェンス面の対策を考えていきたい。

名門校2校に食い下がるのは昨年の選抜に出場した高田商業。赤井ー設楽のバッテリーを中心とした守りに定評があり、秋春と県大会で準優勝を果たした。ともに決勝では智辯学園に大敗を喫したが、一年通じて安定した成績を収めている。まずは失点を抑えることが重要になってくるが、中心打者の速水の前にランナーをためる攻撃もしていきたい。

 

その他では、長身右腕・染川を擁する伝統校の郡山、昨秋の近畿大会で1勝をマークした法隆寺国際、強力打線を引っ提げる奈良大付、速球派右腕・鷲尾を擁する登美ヶ丘にも注目だ。

過去5年の奈良県の甲子園戦績

2013年代表…桜井      初戦敗退

2014年代表…智弁学園    初戦敗退

2015年代表…天理      初戦敗退

2016年代表…智弁学園    2回戦進出

2017年代表…天理      ベスト4

ここ数年前評判が高くても勝ち上がれなかった奈良県勢だが、昨夏は天理が久々に躍進。4番神野を中心とした強力打線と碓井・坂根の両投手の踏ん張りで勝ち上がった。初戦敗退には終わったが、2014年の智辯学園岡本(巨人)、廣岡(ヤクルト)や2015年の天理船曳坂口など強打者を輩出しており、打者のレベルが高い印象。今年も強力打線を擁するチームが登場するか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.