2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。宮城県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。宮城県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…仙台育英

春優勝…東北

春季大会優勝の東北をライバル仙台育英が追う

東北が自慢の投手力で一歩リード。不祥事明けのライバル仙台育英が追う。

 

東北は今春の県大会を制し、東北大会でも準優勝。春の大会で大きく躍進した。葛岡・古川原の2人の左腕エースは安定感抜群で、葛原は長身からの角度のあるストレートが、古川原はスライダーが光る。古川原は1年生時に甲子園のマウンドを経験済みで、2年ぶりの大舞台での登板を目指す。打線も1番杉沢、主砲の伊藤や奥田らタレントぞろい。投打に充実した戦力を擁し、優勝候補の筆頭と言えそうだ。

一方、昨秋の宮城大会を制しながら不祥事で監督交代となってしまった仙台育英は新監督の須江監督の下で新たなスタートを切った。昨夏の甲子園を経験した阿部、鈴木ら選手のタレント力では東北に引けを取らない。エース佐々田はツーシームを武器に打たせて取る投球に定評がある。逆境に立たされた強豪校の逆襲が見られるか、注目だ。

今春の県大会準優勝の古川学園と4年前の代表の利府も有力候補。古川学園は今春から就任した米倉監督のもと着々と力をつけてきている。安藤・佐々木と安定感のある両右腕をつながりのある打線が援護。春季決勝で大敗を喫した東北へのリベンジを目指す。利府は上位から下位まで切れ目のない打線が持ち味。1番林田は格好のリードオフマンだ。長谷川・浅野の両投手の踏ん張り次第で出場の芽が出てきそうだ。

 

その他では、好左腕・柴崎を擁する柴田、2年生主体ながら力のある東陵、修徳時代に甲子園ベスト8を経験した大橋監督が率いる聖和学園、好投手・村上を強力打線が支える石巻などにも注目だ。

過去5年の宮城県の甲子園戦績

2013年代表…仙台育英    2回戦進出

2014年代表…利府      2回戦進出

2015年代表…仙台育英    準優勝

2016年代表…東北      初戦敗退

2017年代表…仙台育英    ベスト8

5年間で4度初戦突破とさすが東北の雄・宮城県。2015年と2017年には仙台育英が準優勝・ベスト8と上位に進出した。特に2015年にはエース佐藤世(オリックス)、3番平沢(ロッテ)、当時1年生の西巻(楽天)とスター選手を擁して全国制覇まであと一歩のところまで上り詰めた。今年は100回大会であり、記念の年に悲願の白河越えを成し遂げたい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.