2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。宮崎県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。宮崎県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…延岡学園

春優勝…聖心ウルスラ

連覇狙う聖心ウルスラと選抜組の延岡学園、富島の3校を軸に展開

延岡学園富島と選抜出場校を2校輩出した宮崎県勢。昨夏の覇者・聖心ウルスラと合わせた3つ巴の争いになりそうだ。

延岡学園は選抜では初戦で敗れたものの打線の実力は十分示してきた。注目のショート小幡を筆頭に戸高・工藤・椿原ら強打者が居並ぶ。中学時代に全国優勝した面々が多く、場慣れしていることも大きいだろう。一方、投手陣は上野・舟谷・萱野と3人の右投手でつなぐ。選抜では球威不足が懸念されたが、本番の夏にむけてどこまで課題が解消されているか。準優勝した2013年以来の夏を目指す。

同じく選抜出場した富島は大舞台で自分たちの野球をしきれなかったが、投打に実力は十分。エース黒木将は集中打をあびたものの140キロ近い速球とスライダーには力がある。黒木拓や左腕の甲斐が黒木将の負担を軽減したい。あとは選抜の舞台で乱れた守備の整備も課題だ。打線は1番松浦、2番中川の切り込み役を中心に勝負強さがある。守りで踏ん張ることができれば得意の後半勝負にもっていけそうだ。

昨夏代表の聖心ウルスラは投手力で優位に立つ。昨夏からのエース戸郷はリリースポイントの高さを修正したことでアウトコースのストレートの制球がさらに増した。140キロ台のストレートと切れ味抜群のスライダーを使ってボールの力で抑え込むことができる。そのほか上村・林田といった投手も力があり、失点は計算できそうだ。あとは木原・河野ら打線の援護次第で連続代表が見えてきそうだ。

この3校を追うのが日南学園・日章学園・宮崎日大らの代表経験校か。

日南学園は春季県大会で準優勝と躍進。1番中原、主砲・蓑尾を中心に打線には力があり、辰巳・原・庄田らタイプの違う3投手の継投がはまれば可能性が出てくる。林田ー深草のバッテリーが軸の日章学園、投打に選手のポテンシャルは高い宮崎日大も虎視眈々と代表の座を狙う。

その他では好左腕・武藤を擁する都城東、強打で春4強に進出した都城工、プロ注目右腕・源を擁する宮崎学園、機動力の高い宮崎工も力のあるチームだ。

過去5年の宮崎県の甲子園戦績

2013年代表…延岡学園    準優勝

2014年代表…日南学園    初戦敗退

2015年代表…宮崎日大    初戦敗退

2016年代表…日南学園    3回戦進出

2017年代表…聖心ウルスラ  2回戦進出

やはり2013年の延岡学園の準優勝が燦然と輝いている。宮崎の高校野球に新たな歴史を刻んだ夏だった。その後2年連続初戦敗退したものの、一昨年は日南学園森山、昨年は聖心ウルスラ戸郷が好投して勝利をマークした。今年もレベルの高い攻防を制して、甲子園で勝利をマークする高校が現れるか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.