2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。富山県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。富山県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…富山商

春優勝…高岡商

富山商vs高岡商の2強対決か

選抜出場校の富山商と昨夏代表の高岡商。ともに屈指の好投手を擁し、この2チームが優勝争いを引っ張りそうだ。

 

選抜で強打の智辯和歌山を苦しめた富山商はエース右腕・沢田が大黒柱として君臨。140キロ台中盤の速球と伝家の宝刀のフォークボールで三振の取れるピッチングを見せる。大舞台であの智辯和歌山を抑えたことは大きな自信になっているだろう。打線は4番の石橋の前にランナーをためて少ないチャンスを活かす攻撃をしていきたい。宮腰ら成長株の2年生もおり、春よりパワーアップしている可能性は高い。

その富山商を春季県大会決勝で破った高岡商は昨夏の甲子園のマウンドを経験したエース左腕・山田がチームを引っ張る。ストレートは最速148キロを記録するが、昨夏はそのストレートを東海大菅生打線に痛打された。制球力をつけた今年は昨年とは違うピッチングを見せそうだ。打線は集中打が持ち味で爆発力では富山商を上回る。県内の永遠のライバルに負けるわけにはいかない。

この2強に迫れそうなのが富山国際大付高岡第一

富山国際大付は2年生主体のメンバーながらエース左腕・北山、主砲・上野と投打に柱となる選手を擁しており、力のあるチーム。近年県上位をにぎわせており、そろそろ全国切符をつかみたいところ。高岡第一も核弾頭・中家や木村など下級生に力のあるメンバーが揃い、来年も楽しみな好チーム。NTT西日本の監督だった村本監督が就任して力をつけてきている。こちらは2000年選抜以来の甲子園を目指す。

 

その他では、本格派右腕・安元が引っ張る新湊、堅守が光る不二越工、元ソフトバンクで甲子園出場時の4番だった藤井監督が就任した桜井、春季大会で4強入りした南砺福野、沼田・鶴田の左右の2枚看板を擁する富山東などにも注目だ。

過去5年の富山県の甲子園戦績

2013年代表…富山第一    ベスト8

2014年代表…富山商     3回戦進出

2015年代表…高岡商     初戦敗退

2016年代表…富山第一    2回戦進出

2017年代表…高岡商     初戦敗退

2013年、2014年とそれぞれ富山第一・宮本富山商・森田という大会屈指の好投手を擁して2勝をマーク。2016年には富山第一が9回1アウトまで無安打に抑えられながらサヨナラ勝ちを収めるなど印象的な戦いを繰り返している。弱小県と言われた以前のイメージはなくなってきていると言えるだろう。この勢いに乗って県勢初の4強入りを果たしていきたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.