2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。山口県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。山口県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…下関国際

春優勝…宇部工

3季連続出場狙う下関国際が一歩リード

3季連続出場を狙う下関国際が投攻守に充実。独走態勢を築きつつある。止めるチームは現れるか。

 

下関国際は昨夏・今春と甲子園で勝利を挙げることはできなかったが、チーム力は過去最高の域に達している。エース鶴田は最速145キロの速球とスライダーを武器にする本格派。選抜では立ち上がりに付け込まれたものの創成館打線を3点に抑えた。2番手も昨夏活躍した左腕・吉村やもう一人の左腕・木村などめどが立ってきた。野手は昨夏のスタメンが7人残っており経験豊富。打っても4番の鶴田は長打力を秘める。守備も甲山・浜松の二遊間を中心に堅く、投攻守に穴がない。目指す先は甲子園での上位進出だ。

この絶対王者を止めるチームは出てくるか。

2年前の代表の高川学園はエース前原ら4人の投手を擁するディフェンス力には自信を持つ。右腕・佐伯は必殺のスライダーを武器に前原をしのぐ投球を見せる。打線は小技を使ってコツコツ1点を積み重ねる攻撃が持ち味。失点が計算できるだけに確実に得点を挙げていきたい。

春季大会優勝の宇部工は春季大会決勝で下関国際を撃破。エースの鶴田が投げていなかったとはいえ、夏前に一度勝っているのは大きい。エース久保田は小柄ながら小気味のいいピッチングで守備からリズムを作り出す。打線も1番大田が出塁して中軸が返すパターンを確立。投打にバランスの取れた陣容だ。

元プロ選手の大越基監督が指揮する早鞆も注目。最速146キロを記録する右腕・畑村の成長で一気に上位戦線に顔を出せるチームになってきた。大越監督の掲げる「自主性の野球」により、個々の判断力が高い野球が特徴。紺屋、内之倉と打線もパンチ力のある打者が並んでおり、攻撃力も侮れないチームだ。

 

その他ではここ2年間決勝で涙を飲んでいる宇部鴻城、切れ味鋭いスライダーが武器の吉田を擁する下関西、長身右腕・羽野が引っ張る華陵、エースの磯村が1番を務める徳山、攻撃力に自信を持つ南陽工、左腕・田中でチャンスをうかがう伝統校の宇部商などが上位戦線に顔を出してきそうだ。

過去5年の山口県の甲子園戦績

2013年代表…岩国商業  初戦敗退

2014年代表…岩国    初戦敗退

2015年代表…下関商業  2回戦進出

2016年代表…高川学園  初戦敗退

2017年代表…下関国際  初戦敗退

ここ5年で初戦突破は1度だけと苦戦の続く山口勢。毎年優勝校が入れ替わり、新たな時代に突入している感があるが、全国の舞台ではなかなか結果が出ていない状態だ。2013年の前橋育英・高橋光(西武)や2016年の履正社・寺島(ヤクルト)など初戦から好投手を擁する強豪を引いてしまっている運のなさもあるか。今年は下関国際が全国レベルの力を持っていそう。3季連続の出場成るか、それとも王者を止めるチームが現れるか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.