2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。山形県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。山形県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…酒田南

春優勝…羽黒

日大山形と羽黒の2強対決か

選抜出場の日大山形と春季大会優勝の羽黒が戦力的に少し抜けている。しかし、酒田南などその他のチームも力はあり、番狂わせも十分ありえそうだ。

 

選抜で智辯学園の惜敗した日大山形だが、内容は決して劣ってはいなかった。エース佐藤洸は打たれ強いピッチングを展開し、球速は120キロ台ながらも打者の目先をかわすことができる。強気な投球の光る左腕・近藤も控えており、投手陣に不安はない。打線は大物うちこそいないものの、渡部・齋藤・西島ら勝負強い打者が揃っており、得点力は低くない。日大山形らしい粘りの野球を貫くことができれば3季連続の大舞台はぐっと近づいてきそうだ。

その日大山形に対抗できる戦力を有しているのが、春季県大会優勝の羽黒。最速146キロを誇る剛腕・佐藤を中心に2年生右腕・篠田、左サイドの金子と投手陣の陣容はこちらも豊富だ。打線も県大会すべてで2桁安打を放ったように日下部・竹内・藤沼ら力のある打者が並んでいる。意外にも2003年以来夏の甲子園から遠ざかっているが、常に県上位をにぎわせており、そろそろ2回目の夏の甲子園出場を果たしたいところだ。

この2強に追随するのが常連校の酒田南と春季大会準優勝の山形中央酒田南はエース左腕の阿部、2年生スラッガーの伊藤海と投打の柱がしっかりしている。特に伊藤海のとらえたときの打球は県内随一だ。山形中央は佐藤智―佐藤龍のバッテリーを中心とした守りの野球が光る。左腕・佐藤智は最速140キロを超える伸びのある真っすぐで押すスタイルだ。

 

その他では、県大会5試合で3ホームランを放った主砲・伊藤が引っ張る山形城北、強力打線が武器の東海大山形、2年ぶりの出場を目指す鶴岡東、春季大会で4強入りした創学館などにも注目だ。

過去5年の山形県の甲子園戦績

2013年代表…日大山形   ベスト4

2014年代表…山形中央   3回戦進出

2015年代表…鶴岡東    3回戦進出

2016年代表…鶴岡東    初戦敗退

2017年代表…日大山形   初戦敗退

ここ2年は初戦敗退に終わっているが、2013年から3年連続で3回戦以上に進出。2013年には日大山形が主砲・奥村(ヤクルト)、エース庄司を擁して県勢初のベスト4に進出した。弱小県のイメージは全くなくなったと言えるだろう。今年も山形勢の快進撃が見られるか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.