2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。山梨県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。山梨県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…東海大甲府

春優勝…山梨学院大付

3年連続の代表を狙う山梨学院大付と東海大甲府が2強を形成

3年連続の代表を目指す山梨学院大付と3年ぶりの代表を狙う東海大甲府がし烈なライバル争いを繰り広げる。その他のチームに付け入るスキはあるか。

 

昨秋は大敗を喫した東海大甲府に春季大会決勝でリベンジした山梨学院大付は長身左腕の垣越が成長。昨夏甲子園のマウンドを経験したサウスポーは最速144キロの速球をゆったりしたフォームから投げ込むため、打者は差し込まれることが多い。関東大会でホームランを放った捕手・栗田と組むバッテリーがチームにとって心強い存在となっている。1番中尾、2番清水を中心に機動力も豊かで3攻守に内容がいい。3年連続の代表へ勢いづいている。

一方、東海大甲府はここ2年決勝で敗れているライバルを何としても倒したいところ。中軸の長打力は県内トップレベルであり、大畑・山本・小野寺ら一発のある打者がずらりと並ぶ。カギを握るのはやはり投手陣。昨年、一昨年とともに大量点を失っており、左腕・渡部や球威のある内村に加え、鳴り物入りで入部した小野寺も復帰予定。力のある投手が複数いるだけにうまくつないで相手の集中打を食い止めたいところだ。

この2強を追うのが駿台甲府・帝京三あたりか。

駿台甲府はエース左腕・荘司の存在が大きい。最速142キロを誇る速球派は勝負所で三振の奪える好投手だ。野手陣も村井ら昨年からの経験者が多く残っており、得点力は低くない。ロースコアの接戦に持ち込めれば2強を崩すことができそうだ。

一方、帝京三は打力で勝負をかける。春季大会でホームランを連発した東小橋川や4番の落合雄など冬場の振り込みで打力が一気に向上した。エース阪の出来次第では全国へと届くチームになりそうだ。

 

その他では、渡辺・武田の左右の両輪を擁する甲府工、打力に自信を持つ日川、2年生エース根上が好投を見せる都留、スラッガー柏木に注目が集まる日本航空なども優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の山梨県の甲子園戦績

2013年代表…日川      2回戦進出

2014年代表…東海大甲府   初戦敗退

2015年代表…東海大甲府   3回戦進出

2016年代表…山梨学院大付  2回戦進出

2017年代表…山梨学院大付  初戦敗退

5年間で3度の初戦突破と安定して結果を残しているが、上位進出は強豪の壁に跳ね返されている印象だ。2013年は日川史上最もスケールの大きなチームだったが、森友哉(西武)擁する大阪桐蔭に惜しくもサヨナラ負け。2015年は2年生エース菊池と強力打線を擁して、初戦はV候補に静岡に競り勝ったが、3回戦で清宮(日本ハム)擁する早稲田実に行く手を阻まれた。今年こそ上位進出を成し遂げたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.