2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。岐阜県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。岐阜県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…中京学院大中京

春優勝…中京学院大中京

秋春連覇の中京学院大中京を昨夏王者の大垣日大が追う

中京学院大中京が昨秋・今春の県大会を連覇。昨夏の甲子園メンバーの残る大垣日大などが追う展開だ。

 

中京学院大中京は2年生左腕の不後と4番も務める2年生捕手の藤田健のバッテリーが中心となる。不後は小柄ながらもタフネスさがあり、ボールにも力がある。今春の県大会でもほとんど失点せずに勝ち上がっており、来年も楽しみな好投手だ。打線も藤田健・西尾・藤田瀧ら好打者が並んでいてスキがない。2年ぶりの甲子園出場へ向けて準備万端と言えそうだ。

昨夏代表の大垣日大は本来なら優勝候補筆頭に来てもおかしくない戦力だったが、今春は中京学院大中京にコールド負け。昨夏の甲子園を経験した修行・杉本の両右腕は県指折りの投手陣だが、中京の打線には捕まってしまった。ともに球威はあり、打線にも力はあるだけに名将・阪口監督のタクトの元巻き返しを図る。

侮れない存在なのが伝統校の県立岐阜商。秀岳館の監督を退いたOBの鍛治舎監督が就任し、練習内容を一変。酒井田・小野ら好打者の並ぶ打線と松井・藤井・谷口と3人の投手が揃う投手陣を効率よく鍛えており、秀岳館の時とは違った「鍛治舎メソッド」で強化を図っている。今春の大会でも中京学院大中京に食らいついており、上位2校にとっては怖い存在になりそうだ。

 

その他では、プロ注目の強打者・中神のいる市立岐阜商、則兼・近藤の左右の好投手を擁する帝京大可児、昨年のメンバーが多く残る大垣西、好左腕・古沢を擁する岐阜総合学園、機動力野球が持ち味の岐阜各務原などにも注目だ。

過去5年の岐阜県の甲子園戦績

2013年代表…大垣日大    初戦敗退

2014年代表…大垣日大    2回戦進出

2015年代表…岐阜城北    初戦敗退

2016年代表…中京      2回戦進出

2017年代表…大垣日大    初戦敗退

5年間で初戦突破は2度と意外に苦戦している印象。ただ敗れた相手を見ると、剛腕・古川(楽天)を擁した有田工、その年準優勝の三重、好投手・上野を擁した中京大中京、好左腕・鈴木を擁してベスト8入りした常総学院、そして昨夏ベスト4の天理と骨のある相手ばかり前にして敗れている。今年は籤運も味方にしつつ、強豪との試合も制したいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.