2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。岡山県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。岡山県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…岡山学芸館

春優勝…倉敷商

3季連続出場狙うおかやま山陽に岡山学芸館・創志学園などが迫る

昨夏・今春に続く3季連続の甲子園を目指すおかやま山陽に、投手力の岡山学芸館や投打に充実した戦力を誇る創志学園が迫る。

 

おかやま山陽は昨夏も今選抜も甲子園に出場。勝利こそ挙げられていないものの、経験値は最も高いチームだ。昨夏からの経験者である3番森下、4番井元を中心に上位から下位まで切れ目ない打線は機動力も使え、得点力が高い。1番小野剛、2番利光の出塁がカギになりそうだ。エース右腕の有本は威力のあるストレートが武器だが、2番手以降の投手がいかに負担を軽減できるかが重要になってきそうだ。

昨春の選抜を経験した選手のいる創志学園は投打に充実。最速140キロを超すストレートにスライダー、フォークを交えるエース右腕の西にストレートの速さでは西を上回る中山、右スリークオーターの秋久と充実した投手スタッフをそろえ、打線も中山、金谷、岡本ら中軸を中心に破壊力がある。高田(巨人)を擁した2年前よりも総合力は秀でており、2度目の出場に腕を撫す。

投手力が充実しているのは3年前の代表の岡山学芸館。速球派右腕の金村とピンチに強い左腕・倉川の左右の両輪は力があり、県内でも屈指の存在だ。4番金村を中心とする打線の援護次第では一気に勝ち上がる力をもっているだけに、先手を取る試合運びでリズムをつかみたい。

倉敷商・関西の伝統校2校も負けてはおらず、倉敷商は最速150キロを超すエース引地と左腕・小引の両輪でチャンスをうかがい、関西は竹井・岩本ら好打者を擁する打線で勝負をかける。

その他では、4番山下ら選手個々のポテンシャルは高い岡山理大付や経験豊富な左腕・石崎を擁する玉島商、春季大会でおかやま山陽を撃破した興譲館、好左腕・川野を擁する岡山工なども有力候補だ。

過去5年の岡山県の甲子園戦績

2013年代表…玉野光南   初戦敗退

2014年代表…関西     初戦敗退

2015年代表…岡山学芸館  初戦敗退

2016年代表…創志学園   初戦敗退

2017年代表…おかやま山陽 初戦敗退

5年連続で勝利なしと意外に苦しんでいる岡山県勢。2016年の創志学園以外はすべて1得点以下と打撃で苦しんでいる印象だ。毎年、投打に力のある選手を擁しているだけにかみ合わない歯がゆさがあるが、きっかけ一つで勝ち上がる力は持っている。2012年の倉敷商以来の勝利に期待が集まる。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.