2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。島根県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。島根県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…開星

春優勝…石見智翠館

石見智翠館と開星のデッドヒートに立正大湘南などが絡む

春季県大会優勝の石見智翠館と2年連続出場を狙う開星が2強か。春季大会準優勝の立正大湘南などが追う。

 

石見智翠館は攻撃力を武器に春季県大会で優勝。準決勝・決勝と連続ホームランを放った4番水谷を中心に西村、川向ら長打力のある打者の並ぶ打線は島根はおろか中国地区でも屈指の破壊力を誇る。投手陣はテンポのいいエース鶴に加えて、スリークオーターの榊原や左腕の迫広らが控える。鶴の故障が気がかりだが、治っていれば戦力的には申し分ないチームだ。

連続出場を狙う開星も打線は強力。俊足の杉本が1番打者として相手チームをかき乱し、中軸の山根や田部ら一発で流れを変える打者が続く。投手陣は昨夏の甲子園で優勝した花咲徳栄打線と対戦した左腕・中村に加えて長身左腕の加納も計算でき、重い真っすぐが武器の才木も控える。投打のバランスの良さは石見智翠館以上であり、7年ぶりの連続代表をつかむ力はある。

 

追う一番手は春準優勝の立正大湘南か。エース右腕の新田を中心にディフェンスが安定しており、攻撃も走塁を絡めてそつなく点を取っていく。ある意味一番負けにくいチームと言えそうだ。1年生の谷川など期待の新戦力も台頭してきており、2強にとっては侮れない存在だ。

昨秋3位の益田東もディフェンスが堅い好チーム。和田・有田の両投手を良く支えて守りからリズムが作れる。打線も中山や佐野など上位には力があり、投打に力がある。2000年以来となる夏の甲子園を虎視眈々と狙っている。

 

その他では忠井・藤井の左右の両輪を擁する大東、投手陣の奮闘で秋春とベスト8入りした大社、緩急の光る右腕・錦織が引っ張る平田、本格派右腕・中田を擁する出雲西なども優勝戦線に顔を出してきそうだ。

 

過去5年の島根県の甲子園戦績

2013年代表…石見智翠館  初戦敗退

2014年代表…開星     初戦敗退

2015年代表…石見智翠館  初戦敗退

2016年代表…出雲     初戦敗退

2017年代表…開星     初戦敗退

5年連続で初戦敗退と苦戦が続いている。2014年と2017年の開星はともに初戦で優勝校と当たり(2014年が大阪桐蔭、2017年が花咲徳栄)、2016年は出雲が選抜優勝の智辯学園と激突しているように、籤運のなさもあるが、なんとか連敗を脱したいところ。県勢の奮起に期待がかかる。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.