2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。広島県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。広島県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…盈進

春優勝…広島新庄

春季大会優勝の広島新庄を瀬戸内、広陵などの強豪校が追う

春季県大会で優勝を飾った広島新庄が投打に充実。しかし、選抜出場の瀬戸内や連続出場を狙う広陵なども立ちはだかり、激戦の様相を呈している。

 

広島新庄は今年も好投手を擁して守りのいいチーム。右サイドながら140キロの速球を投げ込むエース竹辺は小柄な体格を感じさせないボールの力を見せる。右上手の本格派の桑田もおり、強力な投手陣を持つ。打線は出塁率の高い高野や広角に打ち分ける青木、下級生時から出場している古川など好打者が並び、広島新庄らしい足を使った攻撃も得意。2年ぶりの代表へ向けて戦力の整備は進んでいる。

選抜出場の瀬戸内はエース浴本、4番門叶と投打の軸はしっかりしている。浴本は選抜で逆転負けこそ喫したものの、持ち味のストレートは明秀日立の強力打線に通用した。一方、大会前にスラッガーとして注目された4番門叶はアウトコースのボールへの弱点を露呈。夏までに課題をどこまで解消できているか。2番手投手の台頭と新保主将を中心とした打線の援護でエースを楽にしたいところだ。

連続出場を狙う広陵は秋春と序盤で敗退しているが、戦力的には優勝候補。昨夏の甲子園を経験した速球派右腕・森に安定感のある左腕・石原と左右の両輪を擁する。打線も昨夏からの経験者である吉岡・高田が二遊間の守備でも攻撃でも中心となってチームを牽引。広陵らしい積極野球は今年も健在だ。昨夏あと一歩で逃した真紅の大優勝旗を獲りにいきたい。

昨秋優勝を果たした盈進も外せない。最速140キロを超す右腕・下江は秋に広陵を完封した実力の持ち主。切れのあるスライダーを武器に、球筋も独特で一筋縄ではいかない投手だ。寄高・清水の1,2番が光る攻撃陣が援護点を挙げて序盤から有利に試合を運んでいければ、どこが相手でも互角以上の展開に持ち込めるはずだ。久々の優勝のチャンスと言える・

 

その他にも、右スリークオーターの好投手・井上を擁する尾道、東森・藤田の左右の好投手を擁する西条農、昨春の選抜に出場した守りの野球が得意な市呉、迫田監督率いる常連校の如水館、強力打線の広島国際学院など強豪校が続々と続き、多くの高校に優勝のチャンスがありそうだ。

 

過去5年の広島県の甲子園戦績

2013年代表…瀬戸内  初戦敗退

2014年代表…広陵   初戦敗退

2015年代表…広島新庄 2回戦進出

2016年代表…広島新庄 3回戦進出

2017年代表…広陵   準優勝

 

ここ数年広陵広島新庄の2強となっている広島県。昨年は広陵中村奨(広島)の活躍で強豪を次々撃破し、準優勝を飾った。全国的に見てもレベルの高い両校の争いは広島の新たな早慶戦ともいえるものになってきた。今年もどちらかが代表をつかむか、それともその他の高校が代表をつかむか。広島の夏から目が離せない。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.