2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。徳島県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。徳島県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…鳴門

春優勝…鳴門

秋春連覇の鳴門が優勝争いのトップをひた走る

秋春と県大会を制した鳴門が優勝候補筆頭。鳴門渦潮・小松島・生光学園などが第二グループとなりそうだ。

 

鳴門は昨夏連続出場が5でストップしたものの、今年は県内無敵の成績を残している。1番塩唐松は高い出塁率を誇り、3番矢竹・4番三浦・5番浦と続く中軸は強力。下位にも好打者が並び、鳴門らしいつながりのある打線を形成する。投手陣も2年生左腕・西野、速球派の上原、もう一人の左腕・石ヶ谷と豊富。来年も見据えられるポテンシャルを秘めたチームがまずは2年ぶりの夏代表を目指す。

その鳴門を追うチームの一番手は昨夏代表の鳴門渦潮か。昨夏の甲子園を経験した4番鈴江が率いる打線は少し小粒になったが、それでもポテンシャルは高い。投手陣は左腕・服部が引っ張るが、昨夏の甲子園で日本文理の強力打線相手に奮闘した右腕・鈴江が復活すればより盤石となる。旧鳴門工時代から久々の復活を果たした昨年の流れに乗って、王者・鳴門の進撃にストップをかけていきたいところだ。

2003年以来の夏の甲子園を目指す小松島も今年は有力候補。エースの久米は球速こそ130キロ台に満たないものの、緩急とコーナーワークで勝負できる好投手。軟投派の好投手を何人も輩出してきた同校の系譜を継ぐことができるか。打線も大物うちこそいないものの機動力を活かした野球で確実に得点を稼ぐ。前評判が高くなくても勝ち上がることが多く、打倒鳴門の有力候補だ。

私立校が唯一出場したことのない徳島県に合って唯一の私立校の生光学園は今年こそ悲願を成し遂げたいところ。高校通算30ホームランの主砲・湯浅をはじめ、1番月岡、3番山口らで形成する上位打線は強力。寿見・梶谷・斎藤の右腕3人衆で形成する投手陣も力があり、あと一歩で逃し続けている大舞台に届く戦力は整っている。

 

その他ではエース右腕武口を機動力野球で支える城東、伝統の攻撃力に自信を持つ徳島商、26年ぶりの出場を目指す池田、昨年からの経験者が多い板野、浮橋・佐藤・小田と中軸が強力な富岡西なども有力候補に挙がってきそうだ。

過去5年の徳島県の甲子園戦績

2013年代表…鳴門    ベスト8

2014年代表…鳴門    初戦敗退

2015年代表…鳴門    初戦敗退

2016年代表…鳴門    ベスト8

2017年代表…鳴門渦潮  初戦敗退

2012年から5年連続出場で一時代を築いた鳴門高校。2度のベスト8進出を果たすなど低迷していた県の高校野球に復活の流れをもたらした。昨夏は鳴門渦潮鳴門工時代の2008年以来の復活出場。鳴門勢が県内高校野球を牽引している中で徳島商小松島池田などその他の甲子園常連校も意地を見せたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.