2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。愛媛県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。愛媛県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…松山聖陵

春優勝…聖カタリナ学園

選抜出場の松山聖陵を追う春優勝の聖カタリナ学園と昨夏王者の済美

選抜出場の松山聖陵が第一候補だが、春季県大会優勝の聖カタリナ学園済美などの伝統校も僅差で続いており、抜きんでたチームはない状況だ。

 

選抜に初出場を果たした松山聖陵はやはり絶対的エース土居の存在が大きい。長身から繰り出すストレートには威力があり、選抜の近江戦では攻略されてしまったものの本調子ならばそうは打たれない。成長痛の影響であまり調子が良くないのが気がかりだが、夏までに何とか間に合わせたいところ。打線は真栄城、冨里ら俊足の選手が多く、選抜では13安打を放った。土居頼みにならないチームを目指してきただけに夏にその成果を目指したいところだ。

創部わずか3年目で春季愛媛大会を制覇したのが聖カタリナ学園。4番の大森は打撃では5割を超える打率を残し、捕手としても強気なリードで投手陣を引っ張った。その投手陣はストレートに威力のある主将・新保に技巧派の田中拓や左腕・宇都宮など多士済々の顔ぶれだ。選抜帰りの松山聖陵に大勝すると四国大会でも2勝を挙げて準優勝し、今最も勢いに乗っているチームだ。四国大会の準決勝では4点差をひっくり返すなど粘り強さもあり、この勢いのまま初出場をつかみ取りたいところだ。

昨夏の王者・済美は今年も打線の力に自信を持つ。昨夏を経験した池内や芦谷をはじめとしてフルスイングの伝統はしっかり受け継がれている。エースの山口直は130キロ台後半ながら力のある速球とスライダーで向かっていく投球が光り、昨夏のエース八塚に劣らない実力を持つ。松岡ら1年生の台頭もあり、夏に向けてさらにチーム力を上げていきたいところだ。

 

その他では内田・菊池の左腕Wエースが率いる宇和島東、同じく投手陣の充実している西条、上位から下位まで打線に切れ目のない小松、終盤の粘りが光る今治西、速球派右腕・田中のおる八幡浜、同じく好投手・田井のいる新田にも注目だ。

過去5年の愛媛県の甲子園戦績

2013年代表…済美   3回戦進出

2014年代表…小松   初戦敗退

2015年代表…今治西  初戦敗退

2016年代表…松山聖陵 初戦敗退

2017年代表…済美   3回戦進出

ここ数年苦戦の続いていた愛媛県勢だったが、昨夏は済美が強力打線で3回戦に進出。野球王国らしい豪快な野球がよみがえった。もともと野球熱の非常に高い土地柄であり、夏将軍・松山商や牛鬼打線の宇和島東西条今治西と伝統校が数多く存在している。ここ最近はそれに加えて松山聖陵聖カタリナ学園など新勢力も台頭してきており、新旧の勢力対決にも注目が集まる。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.