2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。新潟県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。新潟県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…日本文理

春優勝…日本文理

秋春連覇の日本文理が独走状態

2年連続の代表の座を目指す日本文理が秋春と県大会を連破。新監督となって初めての甲子園を目指す。

 

日本文理はこの1年間県内では負けなしで30連勝中と群を抜いた強さを見せる。150キロを記録する剛腕・鈴木と左腕・新谷で形成する投手陣は安定感抜群で失点が計算できる。持ち前の強力打線は例年ほどの破壊力はないものの、3番先川がポイントゲッターとなって得点を生み出す。大井監督から鈴木監督に代わって初めての甲子園を勝ち取ることができるか。

この絶対的優勝候補を倒すチームは現れるか!?

2年ぶりの代表を狙う中越が対抗一番手。右腕・山本雅、左腕・山田はともに140キロを超すストレートを投げ、三振も取れる本格派だ。山田が故障から復調していれば、盤石の布陣となる。打線は4番ショートの坂井が打って入ってチームを鼓舞し、5番小鷹も頼もしい存在だ。戦力的には日本文理に劣っておらず、頂点を獲る力はある。

春季大会で準優勝だった関根学園も侮れない存在だ。エースの西本は140キロ台の速球とフォークボールを武器にする本格派で、今大会でも屈指の好投手だ。主将の茅野が2番セカンドと好守で要となってチームをまとめており、まとまりのある好チーム。2014年夏にあと一歩で逃した夢舞台をなんとかつかみ取りたい。

加茂暁星は長身右腕の竹林の存在が大きい。140キロ台速球にチェンジアップ、カットボールと変化球も巧みに使い分ける。左腕の白勢も控えていて連戦にも不安はない。打線も中野・目黒ら長打力のあるメンバーが揃い、優勝を狙える戦力は整いつつある。初の甲子園出場成るか。

 

その他では、エース片桐をはじめとして豊富な投手陣を誇る北越、長身右腕荘司を擁する新潟明訓、川端・佐藤と左右の両輪の存在が光る開志学園、好投手・当摩を擁する新発田、下級生中心のメンバーながら力のある新潟産大付なども注目だ。

過去5年の新潟県の甲子園戦績

2013年代表…日本文理   初戦敗退

2014年代表…日本文理   ベスト4

2015年代表…中越     初戦敗退

2016年代表…中越     初戦敗退

2017年代表…日本文理   2回戦進出

日本文理中越が過去5年の代表を分け合っている。日本文理は2014年にエース飯塚(DeNA)を擁して4強入りし、改めて全国トップレベルの強豪に成長したことを示した。中越は2年連続でサヨナラ負けと惜しい敗戦。特に2016年は小柄なエース左腕の今村富山第一相手に9回1アウトまでノーヒットピッチングを展開。鮮烈な印象を残した。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.