2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。東兵庫の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。東兵庫の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…神港学園,市立尼崎(ベスト4)

春…滝川第二(準優勝)

滝川第二、報徳学園、神戸国際大付の市立勢に市立尼崎なども加わり大混戦に

秋春通じて決勝に進んだのは滝川第二のみだが、報徳学園・神戸国際大付に公立の市立尼崎・市立西宮と強豪がそろっており大混戦が予想される。

 

春季県大会で準優勝した滝川第二は続く近畿大会でも選抜出場の乙訓を破って智辯和歌山にも善戦。この春の戦いで大きく自身をつけた。2年生左腕・田辺はテンポのよく投げて味方にリズムをもたらす技巧派左腕。確実に試合を作ることができる。そのほか市原、中原ら控え投手も充実しており、投手層は厚い。打線は1番高島が50メートル5秒7の快足でチャンスメーク。ここ数年、根来塁・高松渡(中日)など屈指のトップバッターを輩出している滝川第二から今年も逸材が名乗りを挙げる。

ポテンシャルでは県内一と言われてきた報徳学園は秋春と結果を残せなかったものの、やはり夏本番では外せない存在だ。ショートを守る小園はもはや日本で知らないものはいないレベルの選手。最終学年になってパワーも増し、さらにスケールアップした姿を見せそうだ。そのほかにも神頭や糸井・羽渕ら強打者が揃い、打力は他校に引けを取らない。あとはけがから復帰したエース左腕渡辺を中心とした投手陣の踏ん張り次第か。夏は2010年以来遠ざかっているため、今年こそ出場を果たしたい。

連破を狙う神戸国際大付は同校らしい豪快なチームカラーが今年も健在。昨夏甲子園で2本のホームランを放った谷口が怪我から復帰予定で、その他にも中野・石川らフルスイングのできる打者が並ぶ。一方、投手陣は2年生のエース鍵が変化球を低めに集めてまとまりのあるピッチングを見せるが、2番手以降の計算が立っていない状況。ここ数年ようやく勝ち癖がついてきただけに、今年も代表の座をつかみたいところだ。

私立の強豪に追随するのが2年前の代表の市立尼崎だ。左腕・竹中、長身の右腕・小林を擁する投手陣は平林一人に頼っていた2年前より強力。打線も主砲の佐藤を中心に鋭い振りを見せる。佐藤は捕手・主将と3役をこなしており、彼の活躍に市尼の浮沈がかかっている。1年生の栃尾など新戦力も出てきており、楽しみな存在だ。

 

その他では、好投手・亀谷を擁して昨秋の県大会で強豪を次々撃破した神港学園、長身右腕・若林を擁して大物食いを狙う市立西宮、井畑・寺本の両投手を擁して21世紀枠候補にも挙がった尼崎小田、好左腕・執行を擁する県立伊丹、俊足のトップバッター前本を擁する神戸弘陵などにも注目だ。

過去5年の兵庫県の甲子園戦績

2013年代表…西脇工      2回戦進出

2014年代表…神戸国際大付   初戦敗退

2015年代表…滝川第二     2回戦進出

2016年代表…市立尼崎     初戦敗退

2017年代表…神戸国際大付   3回戦進出

5年間で初戦突破は3度も上位進出はなかなか果たせていない。激戦の兵庫県を勝ち抜いただけあって実力は高く、毎年のように好投手を擁しているが、全国の強豪の壁に接戦で跳ね返されている印象だ。今年は選抜で代表校を出すことができなかっただけに夏にひと暴れしたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.