2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。東千葉の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。東千葉の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…拓大紅陵

春優勝…木更津総合

黄金時代築くか木更津総合、成田・拓大紅陵らが追随する

大会3連覇を狙う木更津総合が春季県大会を制覇。夏に向けて調子を上げてきた王者に成田・拓大紅陵らが立ち向かう。

 

ここ数年好投手に注目が集まった木更津総合だが、今年は強力打線で勝負をかける。関東大会で横浜国士館をコールドで破ったように一度火が付くと止まらない迫力がある。東、山中、野尻ら昨夏からの経験者が残っており、つながりの良さは県内一だろう。投手陣は野尻を野手からコンバートし、最速140キロ近いストレートとスライダーを武器に安定したピッチングを展開する。激戦区千葉を3連覇すれば、1996年から1998年の市立船橋以来の快挙。その期待は確実に高まっている。

追う一番手は2010年夏に4強入りを果たした成田か。1年時から経験豊富な捕手・田宮が攻守に要となってチームを牽引。2塁への送球タイムは2秒を切っており、相手の機動力を封じる役目も担う。仲沢・荒張の両右腕とのコンビで相手の得点を抑え込むことができれば、守りの野球で8年ぶりの出場も叶いそうだ。

2002年以来の出場を目指す拓大紅陵にも好捕手の広岡がいる。右サイドハンドのエース安藤を巧みにリードし、ストライクゾーンをいっぱいに使ったピッチングで相手打者を封じ込める。打線でも中軸を打つ広岡と水島の2人の前に得意の足を使った攻めでランナーをためて回したいところだ。

 

その他では、エース渡部を筆頭に投手層の厚い千葉黎明、好左腕・大須賀を擁する幕張総合、同じく長身の好左腕・相川を擁する館山総合、強力打線が自慢の志学館、昨春の選抜出場メンバーの残る東海大市原望洋などにも注目が集まる。

過去5年の千葉県の甲子園戦績

2013年代表…木更津総合   3回戦進出

2014年代表…東海大望洋   初戦敗退

2015年代表…専大松戸    初戦敗退

2016年代表…木更津総合   3回戦進出

2017年代表…木更津総合   初戦敗退

5年間のうち3度は木更津総合が出場と激戦区の千葉において一時代を築きつつある。ここ2年は早川山下と大会屈指の好左腕を擁して出場。特に2016年のエース早川はここ10年の千葉県でも最高の投手と呼べる素晴らしい投手だった。今年も千葉代表から好投手が生まれるか楽しみに待ちたい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.