2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。栃木県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。栃木県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…国学院栃木

春優勝…作新学院

連続出場の作新学院、選抜出場の国学院栃木を軸に複数の高校にチャンスあり

昨年まで7年連続出場の作新学院だが、今年はさほど突出しているわけではない。選抜出場の国学院栃木を含めて多くの高校にチャンスがありそうだ。

8年連続の出場を狙う作新学院は昨秋の関東大会では東海大相模に5回コールド負けと惨敗。しかし、春季大会では見事優勝を果たした。昨年からの経験者が多く残ったわけではないが、高山・林の技巧派投手2人で守る投手陣は安定感があり、打線も3番篠田・4番沖・5番田中の中軸が勝負強さを発揮している。毎年最後の夏にかけて右肩上がりの成長を見せるチームだけに今年も優勝候補の一翼を担うのは間違いない。

選抜で2勝をマークした国学院栃木も負けてはいない。このチームの強みは自分たちの戦い方を徹底できるところ。水澤・渡邉・宮の3投手はそれぞれ自分の特色を生かした投球ができ、特に宮の左腕からの角度あるボールはなかなか打ちづらい。打線も近藤・島田をはじめとして機動力だけでなく長打力もあるところを選抜では見せた。チャンスで頼りになる3番青木に回していきたいところだ。

この2強とそれ以外のチームの力にも差はないと言えるだろう。

春季県大会で選抜帰りの国学院栃木を倒した青藍泰斗は4番捕手の益子が中心。パンチ力のある打撃と巧みなインサイドワークで好守でチームを牽引する。投手陣は山本・高久の両左腕に右の海老原と豊富な投手陣だけに益子のリードと継投のタイミングが重要になってくる。葛生時代の1990年以来の甲子園を狙える位置につけている。

夏は2008年以来の出場を狙う白鴎大足利も力がある。長打力のある1番中山を起点にした攻撃力には定評があり、中山・大川ら昨年からのメンバーが多く残る。守りは熊谷・谷津というタイプの違う2人の右腕でつないでいくが、捕手・成田のサポートが重要になりそうだ。

その他ではオリックス・田嶋の弟がエースとしてチームを引っ張る佐野日大、スラッガー葭葉が君臨する文星芸大付、エース小島が投打で引っ張る小山南、秋春とベスト8入りしている宇都宮南なども有力候補だ。先の読めない栃木の夏は例年以上に混戦になりそうだ。

過去5年の栃木県の甲子園戦績

2013年代表…作新学院   3回戦進出

2014年代表…作新学院   初戦敗退

2015年代表…作新学院   3回戦進出

2016年代表…作新学院   優勝

2017年代表…作新学院   初戦敗退

7年連続出場の作新学院が代表の座を独占。2011年の4強進出を皮切りに名門復活を果たし、2016年には今井達也(西武)を擁して45年ぶりの全国制覇を達成した。北関東のタレント軍団が強気な小針監督の采配に応えて、最後まであきらめない野球を展開している。県内では佐野日大文星芸大付国学院栃木などが善戦しているものの夏の代表は奪えていない。今年も作新の夏になるか、それともライバルたちが待ったをかけるか。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.