2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。石川県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。石川県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…星稜

春優勝…星稜

選抜8強の日本航空石川と星稜の一騎打ちか

選抜でともに強打を見せつけて8強入りした日本航空石川星稜が夏の一枚の切符をかけて激しく火花を散らす。金沢などその他の高校に付け入るスキはあるか。

 

日本航空石川は選抜で好投した左腕・杉本のほかに大橋・重吉という本格派右腕2人を擁し、投手層の厚さで星稜を一歩リードする。疲れの出る夏の予選では有利に働くだろう。打線は主砲の上田を中心に原田・小板・長谷川ら強打者が並び、石川のみならず全国でも屈指の破壊力を秘める。新1年生の嘉手苅ら新しい戦力も加わってますます力強さを増しており、投打に分厚い戦力を誇る。3季連続の甲子園をつかんで新たな石川の王者となりたいところだ。

ライバルとして立ちはだかるのは名門の星稜。こちらも強力打線を擁し、選抜で8強入りを果たした。竹谷・南保・鯰田ら左の好打者が並ぶ打線は勝負強く長打もある。機動力も豊かで積極果敢な走塁でチャンスを広げられるのも特徴だ。春季県大会で日本航空石川を完封した2年生右腕の奥川は好調をキープ。140キロ台後半の伸びのある速球で相手打線を抑え込む。エース竹谷らが奥川の負担を軽くできるかがカギとなる。伝統校として負けられない戦いが始まる。

この2校と比べるとどうしても戦力差がある他校だが、それでも黙っているわけにはいかない。

星稜と並ぶ名門の金沢は橋爪・森下を中心とした強力打線が自慢。大筆・向井ら投手陣に計算が立てば2強に食い下がれるチームとなる。秋春ともベスト4に食い込んだ金沢学院も打線に力があり、中・河原・矢富の中軸は破壊力を秘めている。

 

その他では、矢野・井川ら一年時から注目されてきた打者が並ぶ遊学館、2年生エース小川が君臨する小松、長打力のある打者がそろう北陸学院、好左腕・堀田を擁する金沢工などにも注目だ。

過去5年の石川県の甲子園戦績

2013年代表…星稜      初戦敗退

2014年代表…星稜      3回戦進出

2015年代表…遊学館     3回戦進出

2016年代表…星稜      初戦敗退

2017年代表…日本航空石川  2回戦進出

ひと昔前は星稜金沢の2強時代、そして20世紀に入ってからは金沢遊学館の2強時代が続いた石川県だが、ここ数年はまた様相が変化。名門・星稜が復活を遂げ、新興勢力の日本航空石川なども出てきていて、さらに激戦の様相を呈している。今年も星稜日本航空石川など強豪私学を中心に展開しそうだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.