2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。福井県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。福井県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…金津

春優勝…坂井

2年連続出場狙う坂井を福井商、福井工大福井など常連校が追う

昨夏の甲子園メンバーの残る坂井が最有力。福井商福井工大福井などが追う展開となりそうだ。

 

坂井は昨秋準優勝、今春優勝とこの1年で最も安定した成績を残している。エース左腕の帰山慎は130キロ台ながら切れのあるストレートと変化球を投げ込む好投手。右サイドの嶋田も技巧的なピッチングが光り、ともに球速こそそこまで速くないものの打たれにくい投手だ。打線は昨夏を経験している山内、帰山賢、石川らが鋭い振りを見せる。川村監督のもと着実に力をつけてきたチームが2年連続の大舞台へ歩を進める。

昨年の選抜に出場した福井工大福井は今年も打力の高いチーム。猪奥・津野の1,2番がかき回して高原・平沢・植田の中軸が返すパターンを確立。北信越王者に輝いた昨年のチームにも劣らない打線だ。スライダーの光る山崎、右サイドハンドの武盛の2枚看板が踏ん張れれば、出場の可能性は十分ありそうだ。大阪桐蔭でコーチ歴のある田中監督が就任してからは初めての甲子園を目指す。

伝統校・福井商は今春の県大会で準優h層。エース左腕・加藤、3番を打つ好打者・水町を中心に今年も手堅いチームに仕上げてきた。センターラインを中心にディフェンスは堅く、打線も犠打を使った攻めで確実にランナーを進めてくる。群雄割拠の福井において5年ぶりの代表復帰を狙う。

打力で秀でているのは一昨年の選抜以来の甲子園を狙う敦賀気比。センスあふれるトップバッターの岩本が切り込み、黒田・杉森・阪口といった中軸がフルスイングで相手を圧倒する。下位にも中野ら強打者が並んでおり、打ち合いはお手の物だろう。黒田・木下の両投手の踏ん張り次第では3年ぶりの甲子園も十分ありうる。

 

その他では、昨秋に立て続けの逆転勝利で優勝を飾った金津、エース上ノ山を中心にディフェンスの堅い啓新、2年前の代表で個々のポテンシャルの高い北陸、2年生エース玉村が引っ張る丹生などにも注目だ。

過去5年の福井県の甲子園戦績

2013年代表…福井商   3回戦進出

2014年代表…敦賀気比  ベスト4

2015年代表…敦賀気比  2回戦進出

2016年代表…北陸    初戦敗退

2017年代表…坂井    初戦敗退

ここ2年は初戦敗退だが、選抜初優勝した敦賀気比の躍進など強豪県の印象が強い。特に2014年夏の敦賀気比の猛打は全国を震撼させ、浅井・岡田・峯の中軸を中心とした打線は3試合連続の2桁得点を記録した。翌春にはエース平沼(日本ハム)がけん引して県勢初優勝を達成。次は夏の全国制覇達成に向けて各校がしのぎを削る。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.