2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。福島県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。福島県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…聖光学院

春優勝…聖光学院

強力打線の聖光学院が12連覇へひた走る

強打で夏12連覇を目指す聖光学院が今年も優勝候補の筆頭。磐城・学法石川などの古豪が追う展開だ。

 

聖光学院は選抜で東海大相模を相手にまさかの大敗を喫したものの、戦力は他を圧倒するものがある。矢吹・五味・須田の中軸を中心とする打力はここ数年で最も破壊力があり、投手陣もエースの衛藤に上石・高坂と枚数はそろっている。春以降けが人が出た影響でベストメンバーが組めない中、新戦力も台頭。2年生左腕・須藤が好投を見せるなど思わず収穫もあった。福島県内では無類の勝負強さを発揮しており、今年も聖光野球で夏の甲子園をつかみに行く。

この絶対王者を止める候補が磐城学法石川の伝統校2校だ。

福島県で唯一決勝進出の経験を持つ磐城はこの春にかけて急成長を遂げた。左腕エース小山は140キロに迫る速球を武器に三振もとれる本格派。右腕の大久保と左サイドハンドの佐々木もおり、エースをバックアップする。打線は春季大会で5割以上の打率を残した3番近藤を軸につながりのある打線を形成する。投打に登り調子の伝統校が王者の前に立ちはだかる。

学法石川も個々のポテンシャルは非常に高いチームだ。2年生ながら4番を務める藤原を中心に高住、大網ら好打者がずらりと並んでおり、得点力が高い。投手陣は長身左腕のエース永成が不調に陥っているのが気がかり。関口・大原の両左腕が春は踏ん張ったものの、やはりエースの復調は欠かせない。それが叶えば聖光学院に十分対抗できるチームだ。

 

その他では、エース小椋を軸に守りの野球が光る光南、エース阿部をはじめとして複数の投手を擁する福島商、磯上・古川の2年生投手2人で勝負をかける日大東北、元プロの伊藤監督が就任して力をつけてきている東日本大昌平なども注目だ。

過去5年の福島県の甲子園戦績

2013年代表…聖光学院   2回戦進出

2014年代表…聖光学院   ベスト8

2015年代表…聖光学院   初戦敗退

2016年代表…聖光学院   ベスト8

2017年代表…聖光学院   3回戦進出

11年連続の代表をつかんでいる聖光学院は全国の舞台でも着々と実績を積み上げている。昨夏の甲子園でもスター選手こそいなかったものの、中村奨(広島)擁する広陵を相手に9回まで互角の勝負を繰り広げた。福島大会でも5年連続で決勝で1点差勝利を挙げており、斎藤監督の精神力野球は抜群の勝負強さを誇る。今年はここ10年で一番といわれる打線を擁しており、悲願の白河越えを目指す。その他の強豪校に付け入るスキはあるか!?

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.