2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。秋田県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。秋田県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…能代松陽

春優勝…金足農

好投手擁する金足農、明桜、由利工が中心か

それぞれ屈指の好投手を擁する金足農明桜由利工が優勝争いをリードしそうだ。

 

昨夏代表の明桜はエースで4番の山口が完全復調。昨夏は肩の不調で甲子園のマウンドに上がれなかったが、今年は最速146キロの剛腕で万全のピッチングができそうだ。そのほかにも曽谷、小西ら甲子園のマウンドを経験したメンバーが揃い、投手層は厚い。打者としても一発のある山口が軸となり、岩崎・加藤ら好打者が並ぶ上位打線が得点をたたき出す。14-2と大差で敗れた昨夏の悔しさを晴らしに行く。

春季県大会を制した金足農にも剛腕の吉田がいる。最速147キロの速球を武器とする本格派で、球威で相手を抑え込むことができる。打撃でも3番を打ち、4番の打川と組む中軸は強力だ。打川は投手としても2番手でマウンドに上がるため。この2人の出来がチームの浮沈のカギを握る。かつて夏の甲子園で4強入り。8強入り各1回の古豪が記念大会出場を狙う。

21世紀枠で選抜出場の由利工は夏は自力での出場を狙う。選抜で日大三の強力打線を相手に奮闘したエース佐藤亜はストレートの威力では上記2校のエースに負けてはいない。選抜での反省から制球力を磨き。より打たれにくい投球になった。2年生左腕の佐々木も力をつけてきており、連戦にも不安はない。1番土井、4番石原を中心とする打線が援護できれば一気の頂点もありうる。

 

その他では、昨秋の東北大会で4強入りした好左腕・佐藤開を擁する能代松陽、春季大会で能代松陽を相手に無安打無得点試合を演じた伊藤を擁する大曲、強力打線で勝負をかける角館、長身右腕・藤田を擁する秋田商、スラッガー高橋を擁する大曲工などにも注目だ。

過去5年の秋田県の甲子園戦績

2013年代表…秋田商   初戦敗退

2014年代表…角館    初戦敗退

2015年代表…秋田商   ベスト8

2016年代表…大曲工   初戦敗退

2017年代表…明桜    初戦敗退

2015年の秋田商のベスト8が光る。好左腕・成田(ロッテ)を擁して龍谷健大高崎を撃破。特に3回戦で健大高崎の攻撃野球を封じての延長戦の勝利は見事だった。ここ2年は勝利から遠ざかっているが、選手個々の能力は決して低くない。今年は3年ぶりの全国勝利を目指す。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.