2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。群馬県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。群馬県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…健大高崎

春優勝…健大高崎

春季関東王者の健大高崎を前橋育英など強豪が追う

攻撃力で春季関東大会を6年ぶりに制した健大高崎が一歩リード。3年連続代表を狙う前橋育英などが追う展開だ。

 

健大高崎は3年ぶりの代表へ視界良好だ。注目の4番山下を中心とした打撃は迫力があり、関東大会でも日大三をはじめとした強豪校に打ち負けなかった。山下は高校通算ホームランが80本を超し、高校野球の歴代の強打者に肩を並べる存在になりつつある。高山・大越らその他の打者にも力があり、もはや機動力だけに気を遣えばいい打線ではなくなった。投手陣は久保田・藤原・吉田の2年生右腕3人衆と速球派右腕・清水がおり、豊富な投手層を誇る。不祥事で練習試合中止となった影響がなければ順当に代表の座をつかみそうだ。

3年連続の夏代表を狙う前橋育英は今年も戦力充実。右腕・恩田は140キロ台の速球を武器にする本格派だ。重いストレートを武器に三振を奪うことができる。打線は昨夏の甲子園で2本のホームランを放った小池を中心に北原・梅沢ら強打者が並んでいて、昨夏に劣らない破壊力を持つ。秋春と優勝を逃しているものの、夏の勝ち方を最も知るチームであり、健大高崎としては怖い存在のチームだ。

秋春と準優勝の関東学園大付は長身右腕の高橋と好捕手の来須のバッテリーを中心とした守りの野球が信条。昨夏からのメンバーが多く、経験豊富なのも心強い。昨秋大敗した健大高崎に対して、春は1点差ゲームを演じており、差は縮まってきている。投打にしぶとい野球で頂点を狙う。

 

その他では、強力打線で復活を狙う桐生第一、好投手・堤を擁する樹徳、今井・山村ら強打者を擁して春4強の市太田、昨秋に前橋育英と延長の激闘を演じた藤岡中央、伝統校の前橋商・前橋工なども虎視眈々と頂点を狙う。

過去5年の群馬県の甲子園戦績

2013年代表…前橋育英   優勝

2014年代表…健大高崎   ベスト8

2015年代表…健大高崎   3回戦進出

2016年代表…前橋育英   初戦敗退

2017年代表…前橋育英   3回戦進出

今全国で最も安定した成績を残している県の一つだろう。前橋育英健大高崎が代表を分け合う形になっており、攻撃野球の健大高崎と投手力の高い前橋育英という持ち味の異なるライバル校同士が高めあって力を増している印象だ。2013年以来の優勝も近々あるのではないかと思わせるハイレベルな争いが繰り広げられている。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.