2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。茨城県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。茨城県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…明秀日立

春優勝…常総学院

選抜出場の明秀日立と強豪・常総学院の一騎打ちか

選抜を強打で席巻した明秀日立と2年ぶりの出場を狙う常総学院が2強。順当ならこのどちらかが代表の座をつかみそうだ。

 

明秀日立は選抜で2勝をマーク。強力打線は全国でも上位の実力を持ち、増田・芳賀・池田ら上位打線のフルスイングは大阪桐蔭さえも恐れさせた。しかし、その大阪桐蔭戦は1点どまりと苦戦したため、2年生北野など足のあるメンバーも交えてうまく点を取っていきたいところだ。エースの細川は140キロに迫る速球とスライダーを武器にする本格派。しかし、夏に向けて細川のみでは苦しいところであり、2番手投手の出来が大きく結果を左右しそうだ。

対して2年ぶりの出場をもくろむ常総学院は関東大会で東海大相模に打ち勝つなど4強へ進出。こちらも明秀日立に負けない打線を持つ。県大会で6ホームランを放つなどパンチ力があり、二瓶・藤川・水野らの打球は相手投手を圧倒する。投手陣は安定感のある矢田部と速球派の2年生岡田の2枚看板。投手力では明秀日立より優位に立っており、攻守のバランスで甲子園出場を目指す。

この2強とそれ以外のチームでは少し力に差がありそうだが、それでも黙ってはいないだろう。

3年ぶりの出場を狙う霞ケ浦はエースの鈴木寛が骨折で離脱したのが痛いが、福浦・海野の右腕2人と左腕・中田の継投策で試合を組み立てる。打撃は長打力こそないものの、鈴木和・菅野を中心につながりで勝負する。鈴木和はリードでもチームの浮沈のカギを握る。勝負弱いと言われていたのも、2015年の出場で払しょくできたはず。OB達の期待に応えたいところだ。

藤代は故障で離脱していたエース稲荷田が復帰間近。速球派右腕・古賀に右サイドハンドの桜井・端村と投手層の厚さは県内でも屈指の存在だ。谷合・藤平の中軸も力があり、春は8強入りと勢いに乗っている。出場するときは毎回前評判が高くない中でも勝ち上がりながら強くなっており、今大会も侮れない存在だ。

 

その他では、4番小林ら中軸に長打力のある打者が並ぶ水戸商、タイプの違う3投手の継投で勝負する水城、エース富田ら前年の甲子園メンバーが複数残る土浦日大、秋春と上位に勝ち進んだ日立一・取手一などにも注目だ。

過去5年の茨城県の甲子園戦績

2013年代表…常総学院 ベスト8

2014年代表…藤代   初戦敗退

2015年代表…霞ヶ浦  初戦敗退

2016年代表…常総学院 ベスト8

2017年代表…土浦日大 初戦敗退

常総学院が過去2回の出場で2度とも8強入り。ともに全国制覇も狙えるチームであり、木内監督の野球が佐々木監督によってさらにブラッシュアップされた印象だった。特に2016年の履正社戦は剛腕・寺島(ヤクルト)を攻略し、力で上回る相手を見事に打ち負かした。常総学院以外の代表校は勝利こそ挙げられていないものの、それぞれ力をつけてきており、群雄割拠になってきていることを感じさせられる。今年はどこが代表の座をつかむか注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.