2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。西兵庫の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。西兵庫の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…明石商

春優勝…明石商

秋春連覇の明石商を西脇工が追う

好左腕・加田を擁して県内負けなしの明石商業が優勝候補筆頭。昨秋県準優勝の西脇工が対抗馬だ。

 

明石商業は昨秋から公式戦16連勝中と無類の強さを誇る。昨夏から経験豊富な左腕・加田は県内屈指の技巧派左腕。切れのあるボールと抜群のコントロールで試合を組み立てる。春は長身右腕の勝本らも登板させて経験を積ませた。打線は1年生の来田が切り込み隊長に定着し、右田・重宮ら中軸が返すパターンを確立。明石商らしい犠打を使った攻めを見せる。近畿大会では大阪桐蔭を追い詰めるなど全国に通用する力を持つチームだ。

打倒明石商をもくろむのが秋春と接戦で敗れた西脇工だ。2年生エースの山中は重いストレートを武器にする本格派。昨秋の近畿大会では選抜出場の智辯学園にサヨナラホームランで敗れるなど、あと一歩で悔しい思いをし続けている。打線は長打こそ多くないものの、つながりがある。こちらも守りからリズムを作る野球には定評があり、競り合いのなかで勝機を見出していきたい。

2強に迫るのは同じく投手力の高い。安定感のあるエース長尾、長身左腕・藤尾、速球派右腕・藤本と実力者がずらりと並ぶ投手陣は壮観。打線も1番大内らが引っ張る上位打線には力がある。先制してリードを守り抜く野球で2004年選抜以来の甲子園を目指したい。

 

その他では、スラッガー直井が引っ張る三田松聖、4番捕手の田中が好守で要となる飾磨工、小柄なエース徳重が君臨する三田学園、好投手・水谷を擁する姫路工、攻撃力の高い市川、淡路島から甲子園を目指す洲本などにも注目が集まる。

過去5年の兵庫県の甲子園戦績

2013年代表…西脇工      2回戦進出

2014年代表…神戸国際大付   初戦敗退

2015年代表…滝川第二     2回戦進出

2016年代表…市立尼崎     初戦敗退

2017年代表…神戸国際大付   3回戦進出

5年間で初戦突破は3度も上位進出はなかなか果たせていない。激戦の兵庫県を勝ち抜いただけあって実力は高く、毎年のように好投手を擁しているが、全国の強豪の壁に接戦で跳ね返されている印象だ。今年も各校に好投手がおり、守りの野球で記念の年に勝ち上がりたい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.