2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。西千葉の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。西千葉の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…中央学院(準優勝)

春優勝…習志野(準優勝)

習志野、中央学院、専大松戸を中心に強豪が多数存在

選抜出場の中央学院習志野専大松戸ら強豪が絡み激戦に。東西に分かれても千葉の戦いはし烈だ。

 

中央学院は選抜でショックなサヨナラ負けを喫したものの、やはりエースで4番の大谷を中心に戦力はピカイチだ。エース大谷は春の大会で登板しなかったが、夏に向けて順調に調整。最速145キロのストレートと多彩な変化球は全国の強豪にも通用することを選抜で証明した。打っても飛距離抜群の大谷だが、その周りを固める打者も高麗・宇田などしぶとい打者が並ぶ。投打に大谷の負担を軽減して夏初出場をつかみたい。

中央学院の進撃に待ったをかけるのが名門・習志野。春季大会では準優勝を飾り、夏に向けて弾みをつけた。こちらもプロ注目の本格派右腕・古谷を擁し、その他にも佐藤・飯塚と計算の立つ投手を擁する。打線は3番柏木を中心に習志野らしい「動かす野球」で相手をかく乱。名将・小林監督がどう打順を組んでくるかも注目だ。2011年以来7年ぶりの甲子園をつかむ戦力は持っている。

3年前の代表校の専大松戸も戦力は充実している。こちらも名将・持丸監督のもと投打にスキがなく、投手陣はサイド右腕の横山に杉田、武田ら好投手が並ぶ。怪我で春は離脱したエース古川が戻ってきたら万全だ。打で軸となる4番今里は柔らかいフォームから高校通算30本以上のホームランを打っており、今大会注目の打者の一人。彼の前にランナーをためられるかが得点を左右しそうだ。

 

その他にも注目投手が目白押しだ。名字で注目されることとなった八千代松陰の清宮(せいみや)は190㎝の長身から繰り出す角度あるストレートが武器。最速は140キロ中盤に達する。制球難を克服していれば怖い存在だ。千葉敬愛のエース新原は内角を強気に突くマウンド度胸が光り、日体大柏は箱山・滝田のダブルエースで勝負する。

流通経済大柏のエース高坂が春以降急成長を遂げて、一躍注目校に。サッカーで全国トップクラスの強豪が野球でも存在感を示すか。

過去5年の千葉県の甲子園戦績

2013年代表…木更津総合   3回戦進出

2014年代表…東海大望洋   初戦敗退

2015年代表…専大松戸    初戦敗退

2016年代表…木更津総合   3回戦進出

2017年代表…木更津総合   初戦敗退

5年間のうち3度は木更津総合が出場と激戦区の千葉において一時代を築きつつある。ここ2年は早川山下と大会屈指の好左腕を擁して出場。特に2016年のエース早川はここ10年の千葉県でも最高の投手と呼べる素晴らしい投手だった。今年も千葉代表から好投手が生まれるか楽しみに待ちたい。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.