2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。長野県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。長野県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…日本ウェルネス信州筑北

春優勝…佐久長聖

佐久長聖、上田西、松商学園を軸に展開

春季大会優勝の佐久長聖上田西・松商学園の絡む三つ巴の展開。上位3校がしのぎを削ることになりそうだ。

 

佐久長聖は強打で春季長野大会を圧倒。準々決勝から3試合連続の2桁得点で優勝を飾った。しかも昨年からの主力である鈴木・西藤をけがで欠きながらの優勝であり、底力を感じさせる内容であった。元PL学園の藤原監督のもと身についた攻撃野球は今年も健在だ。一方、投手陣はエース林が140キロ台の速球に加えて制球力もあり安定している。そのほかにも石橋、宮崎の2人の右腕に加えて左腕の古川も台頭。連戦にも不安はない。2年ぶりの甲子園に向け、佐久長聖野球が火を噴くか。

対抗するのは上田西と松商学園の2校になりそう。

上田西は春季大会では決勝で佐久長聖の強打に屈したが、夏こそライバル打倒を目指している。1番斎藤、2番荒井はともに50メートルを5秒台で駆け抜ける韋駄天ぶり。2人が出塁すると一気に相手守備陣をかき回す。4番でエースの塚田は最速143キロの速球を投げ込む本格派。もう一人の右腕・横尾をストレートは140キロ台を記録し、長身右腕・小金沢も控える。好投手を複数そろえており、決勝で15失点してしまった佐久長聖打線へのリベンジに燃えている。

2年連続の代表を狙う松商学園は昨夏の甲子園のマウンドを経験した右腕・直江の存在が大きい。ストレートの質は今年の長野でも一番の投手であり、本調子ならばそうは打たれない。課題は2番手投手の育成であり、夏までに誰かが出てこないと厳しいだろう。打線は昨夏同様に走れる面々が揃っており、1番北原を中心にかき回していきたい。この夏も取って伝統校復活の流れを作りたいところだ。

 

その他では、双子の小林兄弟が投手として引っ張る松本深志、昨夏の経験者が多く残る小諸商、球威のあるエース井原が中心となる東海大諏訪、技巧派右腕・内堀を擁する岩村田、名将・中原監督が就任して日本ウェルネス信州北筑などにも注目だ。

過去5年の長野県の甲子園戦績

2013年代表…上田西   初戦敗退

2014年代表…佐久長聖  2回戦進出

2015年代表…上田西   2回戦進出

2016年代表…佐久長聖  初戦敗退

2017年代表…松商学園  2回戦進出

今年3強といわれている松商学園・上田西・佐久長聖が代表を分け合っている。それぞれ機動力の松商学園、投手力の上田西、攻撃力の佐久長聖と特徴のあるチームが出場しており、ライバルの存在がお互いを高めあっている。今年もこの3校から代表が出るのか、それともほかの高校が意地を見せるのか、注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.