2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。青森県の予想まとめ

更新日:

2018夏の甲子園予選。青森県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…青森山田

春優勝…八戸学院光星

八戸学院光星、青森山田の私学2強に割って入るか、弘前東

昨秋は青森山田、今春は八戸学院光星と順当に私学2強が制覇。ここに秋春準優勝の弘前東が追いすがる。

 

八戸学院光星は春季大会でエース福山が仁王立ち。140キロ台の速球にフォーク、チェンジアップを交えて青森山田・弘前東の両校を抑え込んだ。地元八戸市出身の好投手は気持ちの強さでチームを牽引する。そのほかにも左腕・伊貸や右腕・中村と頼れる投手が並び、投手力は県内一だろう。打線は振りの鋭い打者が並び、3番長南、4番東などが外野の間を鋭く破る打球を放つ。彼らは1年生時にあの東邦戦の悔しい逆転負けをスタンドで経験。あの悔しさを晴らせるのは甲子園だけだ。

一方、2年連続の代表を狙う青森山田は昨秋の県大会を制するも、春は八戸学院光星の前にまさかのコールド負け。昨夏の甲子園で3本のホームランを放った強打者・中沢をはじめ、こちらも経験者の赤平・白鳥が形成する打線は光星にひけをとらない。対照的に投手陣は堀田・平沼の2年生二人がまだまだ成長途上。彼らの出来が連続出場の成否を左右しそうだ。

今年新しい風を吹かせそうなのが、秋春準優勝の弘前東。高校通算46ホームランの4番桜庭を中心に、3番長・5番細川ら経験豊富な面々が揃っており、春季大会の準々決勝・準決勝では2試合連続のコールド勝ちを収めた。投手陣は長身左腕のエース沢田と左サイドハンドの竹内が2枚エースとして君臨。タイプの違う2人の左腕を擁しているのは心強い。東北大会で2勝を挙げたように全国にも通じる実力を有しており、初の超す胃炎出場に期待が高まる。

 

その他では、4番清野ら上位打線に力のある青森、エースで4番の関が大黒柱の八戸高専、強力打線を擁して東北大会で聖光学院と競り合った弘前工、強豪校の八戸工大一・弘前学院聖愛などにも注目が集まる。

過去5年の青森県の甲子園戦績

2013年代表…聖愛      3回戦進出

2014年代表…八戸学院光星  ベスト8

2015年代表…三沢商     初戦敗退

2016年代表…八戸学院光星  2回戦進出

2017年代表…青森山田    3回戦進出

過去5年は4校が代表校として出場し、うち4度は初戦を突破。青森山田八戸学院光星の2強は今も変わらないが、それでもほかのチームのレベルも一昔前より格段に上がっているのは間違いないだろう。今年はどのチームが出場してくるのか注目だ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.