2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。静岡県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。静岡県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…静岡

春優勝…静岡

静岡が春夏連続出場へ突き進むか

県内無敗で春夏連続出場を目指す静岡が優勝候補の大本命。常葉菊川・掛川西などが打倒王者をもくろむ。

 

静岡は今春はけが人が多く出る中でも接戦を次々勝ち抜いて優勝。エース春と左腕・鈴木は圧倒的な球威はないものの、打たせて取る投球で安定して試合を作れる。春はひじの故障が気がかりだが、夏本番には間に合いそうだ。打線はつながりが良く、4番成瀬のように長打力のある打者もそろう。痛いのは1番村松の負傷。核弾頭の彼の復帰が叶えばさらに盤石の状態となる。

打倒・静岡の一番手は常葉菊川右腕・漢人、左腕・榛村を擁する投手力は静岡をしのぐものがある。漢人は切れのある速球をテンポよく投げ込む好投手だ。打線は4番根来を中心に持ち味のフルスイングを貫くが、安定して結果を残していきたいところ。奈良間・鈴木らわきを固める打者の活躍も重要となる。

プロ注目右腕の川合を擁する掛川西も有力候補。春季大会では彼を温存しながらもベスト8まで勝ち上がった。打線も1番福田をはじめとして好打者が揃っており、侮れない存在だ。川合は打撃でも鋭いバッティングでチームを鼓舞する。2009年選抜以来の甲子園に手の届く位置にいる。

春季大会で準優勝した東海大静岡翔洋も注目の存在。五十嵐・石井・貞岡ら強打者の並ぶ打線は破壊力があり、打力では県内でもトップクラスの存在だ。春季決勝で12失点を喫した投手陣が整備されれば、一気に頂点をかっさらう力を持っている。

 

その他では、昨夏の甲子園メンバーが多く残る藤枝明誠、強肩強打の捕手・夏目が引っ張る常葉橘、2年生エース小林が中心の島田商、速球派右腕・水野を擁する湖西、春季大会で躍進した市沼津・知徳なども優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の静岡県の甲子園戦績

2013年代表…常葉菊川   3回戦進出

2014年代表…静岡     初戦敗退

2015年代表…静岡     初戦敗退

2016年代表…常葉菊川   初戦敗退

2017年代表…藤枝明誠   初戦敗退

4年連続で初戦敗退となっている静岡県勢。うち3年は1点差負けと惜しい試合が続いている。昨夏の藤枝明誠の延長戦や2015年の静岡東海大甲府の打撃戦など印象に残る好勝負が続いているだけにきっかけ一つで一気に勝ち上がることもありそうだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.