2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。香川県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。香川県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…英明

春優勝…大手前高松

春季四国大会優勝の大手前高松と選抜出場の英明が2強を形成

春の四国大会を初めて制した大手前高松と選抜出場を果たした英明が2強。高松商寒川などが追う展開だ。

 

大手前高松は春の大会ではとにかく打って打って打ちまくった。1番山本、3番内田らを中心に破壊力のある打撃に加えて、一つ先の塁を狙う走塁も得点力を増強させた。昨秋は松山聖陵の土居に抑え込まれてしまったが、もはや完全に別のチームへ変貌した。一方投手陣はエース中村に清水・吉村とコマ数は豊富ながらも不安定さを露呈。ここが整備されると一気に突き抜けていくだろう。

選抜で初戦敗退に終わった英明は2年生エース黒河に4番千原を中心とした強力打線で戦力的には申し分ないのだが、戦い方に淡白さが出てしまうところが気がかり。選抜の国学院栃木戦でも相手にペースを握られてそのままずるずると行ってしまった感があった。黒河のボールからは将来性の高さがうかがえるだけに、守備陣も含めてバックがしっかり援護していきたい。

この2チームを追う一番手が多彩な投手陣を擁する寒川。本格派の山岡と中山、右サイドの高橋に左腕・中條と計算の立つ投手を複数そろえる。京都翔栄時代に甲子園を経験している太田コーチの加入が非常に大きかった。打線もしぶとさがあり、終盤まで競り合いに持ち込めれば投手力で優位に立てそうだ。

2年前に選抜準優勝を飾った高松商は2年生左腕香川の怪我が心配。130キロ台後半の速球には伸びがあるが、本番までに復調できるか。米麦・藤川ら打線には力があり、全国レベルの強豪とも互角に打ち合う力を持っている。右腕・上領らその他の投手陣も台頭してきており、香川の復活次第で投打に戦える戦力が整いそう。甲子園を席巻した2016年選抜の再現といきたい。

 

その他ではエース大前に主砲・水野と投打の柱を擁する丸亀城西、昨夏の甲子園を経験した大久保らを擁して連覇を狙う三本松、最速146キロを誇る東山を擁する進学校の丸亀、粘り強い戦いが持ち味の観音寺中央などが優勝争いに絡んできそうだ。

過去5年の香川県の甲子園戦績

2013年代表…丸亀     初戦敗退

2014年代表…坂出商業   初戦敗退

2015年代表…寒川     初戦敗退

2016年代表…尽誠学園     初戦敗退

2017年代表…三本松    ベスト8

2012年から5年連続初戦敗退と21世紀に入ってから苦しんでいた香川県勢だったが、2016年の高松商の選抜準優勝を境に流れが変わり始めた。昨年は三本松がエース佐藤の好投と勝負強い打線で8強入り。四国4県のなかで少し置いていかれている感があった中で復活の流れが確実にできてきている。今年も全国の舞台で結果を残していきたいところだ。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.