2018年 予想

2018年夏の甲子園予選。鳥取県の予想まとめ

投稿日:

2018夏の甲子園予選。鳥取県の頂点に輝き100回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…米子松陰

春優勝…八頭

鳥取商、米子松陰、鳥取城北、八頭の4強が中心

秋春で4強がほぼ入れ替わる展開。本命不在の中で鳥取商米子松陰鳥取城北八頭の4校が軸となりそうだ。

 

唯一秋春とも4強入りしている鳥取商は打力に自信を持つ。1番徳永、2番山下がかき回し、中軸の田中・田淵には一発放り込む力がある。不利な展開でも攻撃力で流れを強引に引き寄せられる。投手陣は小柄なエース小笹・清水に野手兼任の岡村の3人の継投でしのぐ。投手陣が踏ん張れば優勝の芽は十分出てくる。

昨夏代表の米子松陰はエース左腕の辰巳が健在。昨夏の甲子園では大阪桐蔭打線に得点こそ許したものの、各回を最少失点でしのいで軟投派左腕としての持ち味を示した。守備陣も打たせて取るエースの投球をしっかり支えており、守りは堅い。打線は中軸の宗石・坂田の前にチャンスを作って回していきたい。連続出場なるか注目だ。

ここ数年県内の中心的存在の鳥取城北も有力候補。本格派の野田、長身右腕の西村、左腕・浦林と投手スタッフは充実。打線も俊足の片山・垣内や主砲・山田ら左右の好打者が並ぶ。春は米子北に大敗してしまったが、夏に向けて確実に仕上げてくるはずで3年ぶりの甲子園をつかみ取るチャンスは十分あるはずだ。

春季県大会で優勝を飾った八頭も侮れない。1番畑や4番金沢など俊足の選手を多く並べた打線は得点力が高く、相手投手にとっとて対応しづらい。永年チームを率いてきた徳永監督に代わって就任した三田監督のもと、春季大会で一気に八頭の機動力野球が花開いた。投手陣が整備されれば4年ぶりの甲子園も夢ではなくなる。

 

その他ではエース樽原が安定している米子北、昨夏準優勝で選抜準優勝経験を持つ米子東、守備力に定評のある鳥取西、好投手・浦田を擁する米子工、多彩な投手陣を持つなどもチャンスをうかがう。

過去5年の鳥取県の甲子園戦績

2013年代表…鳥取城北  初戦敗退

2014年代表…八頭    3回戦進出

2015年代表…鳥取城北  初戦敗退

2016年代表…     初戦敗退

2017年代表…米子松陰  初戦敗退

2014年に八頭が1勝をマークしたが、その他の年は初戦敗退と苦戦している鳥取県勢。昨年は大阪桐蔭、一昨年は明徳義塾と強豪との対戦が続いている。投手を中心とした守りのいいチームが多いだけに終盤まで競り合う展開で今年こそ何とか1勝を手にしたいところ。4年ぶりの初戦突破を目指す。

-2018年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.