2018年注目選手

2018年注目選手:大谷拓海(中央学院)

投稿日:

甲子園戦績

3年春  ●5-7  明徳義塾

投打ともに将来性を感じさせる二刀流の逸材。投手としては最速140キロ台後半の速球にスライダー・フォークを効果的に交えて、三振を取る投球も打たせて取る投球も試合の状況に応じて自在にできるクレバーさがある。今春の選抜では神宮王者の明徳義塾をあとアウト一つにまで追いつめたものの初戦敗退に終わった。それでも投球内容は初回の失点以降しり上がりによくなり、夏に期待を持たせるものだった。

投手以上に可能性を感じさせるのが打者としての大谷。神宮大会で明徳義塾市川から流してレフトスタンドへ運んだ打撃は、現在メジャーリーグでプレーする大谷翔平の高校時代に引けを取らないものだった。右に左に強烈な打球をはじき返せるのはヘッドスピードの速さゆえだろう。50メートル6秒1と足も速く、まさに「投打走」でバランスの取れた選手で、選抜のように1番で起用されても不思議でない。可能性の塊の逸材が今夏どのような活躍を見せるか楽しみだ。

-2018年注目選手

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.