2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。三重県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。三重県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…菰野

春優勝…津田学園

選抜出場の津田学園がV候補筆頭

剛腕・前を擁して春夏連続出場を目指す津田学園が優勝候補筆頭。菰野いなべ総合らが追う展開か。

津田学園は選抜で近畿王者・龍谷大平安と互角に渡り合い、エース前の投球が相手打線を圧倒した。馬力のある体格から繰り出すストレートの威力は全国でも屈指だろう。打線は藤井、石川ら2年前の夏を経験したメンバーが中心。選抜では前を援護できなかったが、夏はきっちり援護点をもたらしたい。

対抗一番手は同じく投手力に自信を持つ菰野。昨年からエース格の岡林はストレートのMAXが150キロを記録する剛腕。津田学園の前と双璧の存在だろう。これまでは力がありながらも本領を発揮できなかったが、最後の夏こそ結果を残したい。打線は山本、川上ら上位は強力で機動力も豊か。つながりを重視して着実に得点を挙げていきたい。

投打に層が厚いのが3年前に春夏連続出場を果たしたいなべ総合。左腕エースの木戸を中心に多士済々な投手を擁する投手陣、下位まで層の厚い打線を擁し、総合力では上位2校に劣らないだろう。名将・尾崎監督のもとスキのない陣容に仕上がっている。公立校ながら決して侮れないチームだ。

その他では、昨年の選抜4強メンバーが残る三重、試合巧者の宇治山田商、伝統校の海星や2年生中心ながら力のある近大高専にも注目が集まる。

過去5年の三重県の甲子園戦績

2014年代表…三重      準優勝

2015年代表…津商業     2回戦進出

2016年代表…いなべ総合   3回戦進出

2017年代表…津田学園    2回戦進出

2018年代表…白山      初戦敗退

昨年は白山が快進撃を見せて初出場。初戦で敗れはしたものの、旋風を巻き起こした。ここ5年は毎年代表校が入れ替わっており、どこが出てくるか全く予想がつかない三重県。しかも、うち4度は初戦を突破しており、ハイレベルな争いとなっている。今年も三重の戦いから目が離せない。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.