2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。京都府の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。京都府の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…福知山成美

春優勝…京都国際

選抜8強の龍谷大平安に京都国際、福知山成美の3強が中心か

今年は周囲からレベルの高さがささやかれている京都府。選抜に2校選出されたように力のある高校が多数存在。その中でも龍谷大平安京都国際福知山成美が中心となって回っていきそうだ。

龍谷大平安は選抜で投手陣が延長戦2試合を含む3試合を戦ってわずか2失点と盤石の内容。エース格の一人豊田を登板させずに野沢、橋本の2投手で相手打線を封じ切った。野沢は持ち味のストレートに頼らない投球で幅が広がった印象。橋本は伸びのある真っすぐで明豊打線を封じ込めた。打線は上位陣に勝負強い打者が並ぶが、下位にもう少しあたりが欲しいところ。5番奥村の復帰はうれしいニュースだ。

京都国際は秋春と龍谷大平安に連勝。技巧派左腕の生駒と本格派右腕の酒井の両輪は計算が立つ。打線もパンチ力あのる3番福岡、4番早を中心に平安に全く引けを取らない。あとは夏を勝ち上がった経験値の差があるのが気になるところだが、投攻守に穴のない布陣であり、戦力的には申し分ないだろう。

平安とともに選抜に出場した福知山成美はエース小橋の存在が心強い。徹底した低めへの制球力があるため、試合を壊す心配がなく、攻撃陣は落ち着いて得点を重ねていける。選抜では九州王者の筑陽学園に競り負けたが、内容では一歩も劣ってはいなかった。こちらは何度も夏の聖地を踏みしめており、隙あらば代表の座を奪う構えだ。

そのほかでは、昨選抜に出場してメンバーが残る乙訓、森井・高木と左右の2枚看板を擁する立命館宇治京都外大西京都成章東山などの伝統校にも期待が集まる。

過去5年の京都府の甲子園戦績

2014年代表…龍谷大平安   初戦敗退

2015年代表…鳥羽      3回戦進出

2016年代表…京都翔英    初戦敗退

2017年代表…京都成章    初戦敗退

2018年代表…龍谷大平安   3回戦進出

昨年は龍谷大平安が史上2校目となる甲子園通算100勝を達成。全国を代表する強豪校が偉業を成し遂げた。やはり京都の歴史は平安とともにあったと言っていいだろう。今年も平安が夏切符をつかむのか、京都国際福知山成美が意地を見せるのか、京都の高校野球から目が離せない。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.