2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。佐賀県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。佐賀県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…佐賀学園

春優勝…佐賀商

佐賀商、東明館、佐賀学園の3強が中心か

本命不在の大会となりそうだが、その中で中心となるのは佐賀商東明館佐賀学園の3チームとなりそうだ。

佐賀商は2年連続の甲子園へ向けて戦力は充実。昨夏の甲子園を経験したメンバーが多く残り、投手陣は野田・白仁田・古賀とタイプの違う投手がそろっている。昨年は高岡商の剛腕・山田に抑え込まれて悔しい敗戦を喫しているだけに今年こそ聖地での1勝を挙げるため、まずは佐賀大会連覇を狙う。

初出場を狙う東明館もチャンスは大いにある。長身右腕・川口に加えて右サイドの一ノ瀬、左腕・谷も控える投手陣は多士済々な陣容。ディフェンス力は県内でも屈指の存在だ。秋春となかなか勝ち上がれなかったが、打線の援護次第では一気に壁を突き破る可能性は十分にある。

昨秋の優勝校・佐賀学園も有力候補だ。浜野ー川副の2年生バッテリーを中心に今年の佐賀県では最も安定した成績を残しており、投打の安定感では県内一。主将の小池は勝負強い打撃でチームを牽引する。2010年以来遠ざかる大舞台に向けて視界良好だ。

そのほかでは、機動力野球の光る北陵、好投手・小野を擁する神埼清明、スライダーを武器とする左腕・久保田のいる鳥栖工、打力に定評のある有田工も有力候補だ。

過去5年の佐賀県の甲子園戦績

2014年代表…佐賀北    初戦敗退

2015年代表…龍谷     初戦敗退

2016年代表…唐津商業   初戦敗退

2017年代表…早稲田佐賀  初戦敗退

2018年代表…佐賀商    初戦敗退

ここ5年間は連続で初戦敗退と元気のない佐賀県勢。2015年の龍谷の小柄な左腕・池田や2016年の唐津商業の変則右腕・谷口など個性的な好投手が出てきているが打線の援護がなく、5年間の得点は計6得点とさみしい結果に終わっている。勝利のカギは打力が握っているか。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.