2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。兵庫県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。兵庫県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…明石商

春優勝…神戸国際大付

王者・明石商業を止めるチームは現れるか!?

選抜4強の明石商が投打に分厚い戦力を誇っており、優勝候補の筆頭。ただ王者を倒す力のあるチームは多く存在しており、波乱の可能性は十分にある。

明石商はエース中森が選抜で好投を披露。2年生とは思えないほどの力強い投球で、県内でも指折りの投手であることを印象付けた。もう一人の柱だった宮口の調子が上がってこなかったのは痛いが、それ以外にも溝尾・杉戸など好投手が目白押し。打線も来田・安藤など例年以上にパワーヒッターぞろい。春季大会では不覚を取ったが、本来の戦いができればそう簡単に負けることはなさそうだ。

追う一番手は春季大会で優勝した神戸国際大付。投打のパワフルさは健在で、鍵・松本・西井と力のある3投手を擁する投手陣と柴野・西尾ら長打力のある打者が並ぶ打線はともに県下トップクラス。あとは勝負所でもろさを見せてしまう弱点が出ないようにしたいところだ。2年前の夏は明石商を決勝で下しており、その再現を狙う。

明石商と同様に2年連続の出場を狙い報徳学園はエース林が健在。一時期は不調に苦しんだが、小気味いいピッチングで打者を打ち取っていくスタイルが光る。打線も報徳学園らしい粘っこい攻撃で得点を積み重ねていく。昨年の経験者の大崎を中心に伝統の力で聖地への道を切り開く。

そのほかでは春季大会で明石商神戸国際大付を立て続けに破った須磨翔風、本格派サイド右腕・茶谷を擁する西宮東、投手陣が充実する姫路南、スライダーが武器の谷添を擁する武庫荘総合も侮れない存在だ。育英東洋大姫路関西学院など全国制覇の経験のある強豪の戦いからも目が離せない。

過去5年の兵庫県の甲子園戦績

2014年代表…神戸国際大付   初戦敗退

2015年代表…滝川第二     2回戦進出

2016年代表…市立尼崎     初戦敗退

2017年代表…神戸国際大付   3回戦進出

2018年代表…報徳学園(東兵庫) ベスト8

西脇工(西兵庫)  初戦敗退

昨年は記念大会で2校が出場。明石商は初戦で散ったものの、報徳学園聖光学院愛工大名電と強豪校を撃破してベスト8入りを決めた。兵庫県勢らしい、投手力の高いチームが出場してくることが多く、県予選でも毎年好投手が目白押し。守りの野球で今年は全国で何勝積み上げるのか注目だ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.