2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。北北海道の予想まとめ

更新日:

2019夏の甲子園予選。北北海道の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…釧路湖陵(ベスト4)

春…旭川大高滝川西、釧路湖陵(ベスト8)

旭川大高の連覇なるか

各ブロック予選が終了し、いよいよ全道大会に突入した北北海道大会。その中で昨年の覇者の旭川大が力強く躍進してきた。長身のエース能登を中心とする3投手を擁し、打線も昨年の甲子園経験者を中心に破壊力抜群。2年連続の代表に向けて視界良好だ。

しかし、その旭川大と初戦でぶつかるのが秋春と結果を残している釧路湖陵。フルスイングで他を圧倒する打線を武器にダークホース的存在となりつつある。この初戦の結果が大会の行方を握っているのは間違いないだろう。

3年前の代表校・クラーク国際は分厚い投手陣で勝負をかける。なかでもストレートに力のある関口の投球には期待が高まる。

また、2年生エース木島を擁する帯広大谷、左右の好投手を擁する2年前の代表校・滝川西、快速左腕・石沢を擁する網走南ヶ丘、主砲・庄司を擁する旭川明成にも注目だ。

過去5年の北北海道の甲子園戦績

2014年代表…武修館    初戦敗退

2015年代表…白樺学園   初戦敗退

2016年代表…クラーク国際 初戦敗退

2017年代表…滝川西    初戦敗退

2018年代表…旭川大高   初戦敗退

最後の勝利は2011年の白樺学園までさかのぼる。昨年は旭川大高が佐久長聖と史上初のタイブレークまでもつれ込む死闘を演じたものの惜敗した。まずは初戦突破を果たし、連敗を止めたいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.