2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。千葉県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。千葉県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…中央学院

春優勝…習志野

選抜準優勝の習志野と4連覇狙う木更津総合が軸

選抜準優勝の習志野は春季千葉大会も制して好調をキープ。4連覇を狙う木更津総合などが後を追う展開か。

習志野は選抜準優勝の原動力となったエース飯塚が健在。140キロ台中盤のストレートは回転数も多く、打者はとらえるのに苦労する。岩沢、山内などタイプの違う投手陣をそろえており、相手打線によって小林監督がやりくりすることになりそうだ。打線は根本、桜井を中心に機動力も絡めてどつなく得点を重ねることができ、粘り強さは一級品だ。久々の春夏連続出場へむけて機は熟している。

4連覇を狙う木更津総合は昨年の夏の甲子園で好投した根本が最上級生としてチームを引っ張る。最速149キロの重い速球は球威があり、飯塚の速球とは違うタイプの剛球だ。2年生の篠木も計算が立っており、投手力は習志野に劣らないものがある。1年生から甲子園を経験している小池を中心に野手も粒ぞろいで、うまくつながれば史上初の偉業も見えてきそうだ。

4年ぶりの甲子園を目指す専大松戸も有力候補。右サイドから力のあるストレートを投じるエース横山と安定感のある杉田の2枚看板が盤石で、こちらも投手力は万全だ。打線も見た目の派手さはないものの、ミートのうまい打者が並んでおり、得点力は高い。2度目の夏を虎視眈々と狙っている。

その他では、習志野と同じく夏の優勝経験を持つ銚子商、好左腕・杉田を擁する成田、2年連続の出場を狙う中央学院、強打の東海大市原望洋にも注目だ。

過去5年の千葉県の甲子園戦績

2014年代表…東海大望洋   初戦敗退

2015年代表…専大松戸    初戦敗退

2016年代表…木更津総合   3回戦進出

2017年代表…木更津総合   初戦敗退

2018年代表…木更津総合(東千葉) 3回戦進出

中央学院(西千葉)  初戦敗退

昨年は中央学院木更津総合が代表権を獲得。中央学院済美との競り合いに敗れたものの、木更津総合は3回戦まで進出して存在感を示した。投打にスケールの大きな野球をする木更津総合は今や千葉県で一時代を築きつつあるが、その他の強豪も黙ってみているわけにはいかない。今年は選抜で習志野が準優勝を果たしており、打倒・木更津総合にむけて各校が意地を見せたいところだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.