2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。南北海道の予想まとめ

更新日:

2019夏の甲子園予選。南北海道の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…札幌大谷

春優勝…駒大苫小牧

札幌大谷、駒大苫小牧、東海大札幌の3強か

神宮王者の札幌大谷、春季北海道大会を制した駒大苫小牧、エース小林を擁する東海大札幌が横並ぶの状況といえそうだ。

その中で優勝候補の筆頭格は春夏連続出場を狙う札幌大谷。西原、太田、阿部とタイプの違う好投手を擁し、打線も全国大会を経験したメンバーが並ぶ。選抜では明豊の投手陣にかわされたが、もともと得点能力は高いチーム。投打ともにしたたかさで一枚上手であり、V候補の一番手といえそうだ。

対抗するのは昨春以来の甲子園を狙う駒大苫小牧。春季大会は投打がかみ合って久々の優勝を果たした。2年生の速球派エース北嶋を切れ目のない打線がカバーし、巨漢の4番・竹中にはホームランもある。北の王者復活に向けて準備は整いつつある。

2014年以来の夏の甲子園を狙う東海大札幌はエース小林の出来がカギを握る。今年の北海道で屈指の好右腕は140キロ台後半の速球を武器に上位2校を食うピッチングができるか。道内屈指の選手層を誇っており、打線の援護次第では久々の栄冠も見えてきそうだ。

そのほか、選抜で大敗を喫した雪辱に燃える札幌第一、昨年に連続出場の途絶えた北海、2年連続の夏切符を狙う北照、強力打線の苫小牧工業の戦いも楽しみだ。

過去5年の南北海道の甲子園戦績

2014年代表…東海大四 2回戦進出

2015年代表…北海   初戦敗退

2016年代表…北海   準優勝

2017年代表…北海   初戦敗退

2018年代表…北照   初戦敗退

やはり光るのは2016年夏の北海の準優勝。北海道勢最多出場を誇る古豪の見せた快進撃は全国の高校野球ファンの胸を熱くした。2016年の大西や2017年の阪口(DeNA)のように、毎年絶対的エースを中心に守りの野球が光る南北海道勢。今年は3年ぶりの上位進出を狙いたい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.