2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。和歌山県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。和歌山県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…智辯和歌山

春優勝…智辯和歌山

選抜8強の智辯和歌山と市立和歌山の2強か

選抜では智辯和歌山市立和歌山の2校がそろってベスト8入り。この2校を中心に戦いが進んでいきそうだ。

智辯和歌山はここまで4季連続で甲子園に出場。西川、黒川、東妻の3人はそのすべてに出場しており、経験値は豊富。ともに守備ではセンターラインを、打っては上位打線を形成し、中谷監督の考える野球を体現する。投手陣は池田陽、池田泰の2人に加えて選抜で好投した小林が台頭。選抜で明石商に返り討ちにあった悔しさを晴らすためにも5季連続出場は至上命題だ。

その智辯和歌山が最も恐れるのは市立和歌山だろう。エース左腕・岩本と右腕・柏山で形成する投手陣は安定感があり、特に岩本はキレのあるボールで2年生ながら頼もしい存在だ。打線は智辯和歌山に比べると破壊力という点ではやや劣るかもしれないが、緒方、柏山の2人を中心に勝負強さのある打者が並ぶ。昨年決勝で惜敗した雪辱を晴らせるか。

この2強に迫る一番手は本格派右腕・落合を擁する和歌山東か。最速147キロを誇る速球にスライダー、スプリットもキレがあり、今年の和歌山でNo.1の投手といえるだろう。打線も強打のトップバッター岡野を中心に機動力もある。落合の出来次第では番狂わせの可能性は十分にある。

その他では、投手陣の層が厚い南部、本格派右腕・谷脇のいる那賀、技巧派左腕・坂口が引っ張る桐蔭にも注目だ。

過去5年の和歌山県の甲子園戦績

2014年代表…市立和歌山   初戦敗退

2015年代表…智辯和歌山   初戦敗退

2016年代表…市立和歌山   2回戦進出

2017年代表…智辯和歌山   2回戦進出

2018年代表…智辯和歌山   初戦敗退

昨年は智辯和歌山が優勝候補として臨みながらもまさかの初戦敗退。ここ数年はなかなか勝ち上がり切れない単会が続く。しかし、選抜ではベスト8に2校が入るなど今年の和歌山はハイレベルな争いになっている。今年こそ壁を突き破って久々のベスト8以上を目指したい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.