2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。埼玉県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。埼玉県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…春日部共栄

春優勝…春日部共栄

選抜出場の春日部共栄か、5連覇を狙う花咲徳栄か

好投手・村田を擁して春夏連続出場を狙う春日部共栄と5年連続出場がかかる花咲徳栄が中心。しかし、その他のチームにも大いにチャンスはありそうだ。

春日部共栄は大黒柱の村田を中心にチームが回る。投げては140キロ台中盤を記録するストレートで打者のバットを押し込み、打っては4番として長打を連発。そのほかにも黒川、片平など好打者が並んでおり、村田を中心とした一枚岩の強さを見せられれば、昨秋に横浜を圧倒したように恐れる相手はないだろう。本多監督も復帰し、万全の態勢で夏に挑む。

5年連続の出場を狙う花咲徳栄は昨夏の甲子園を経験したメンバーが多く残っており、打力は県内でも1,2を争う。橋本、韮沢、井上、羽佐田と並ぶラインアップは壮観だ。課題は投手陣で、和田・中津原の2人の左腕が安定しなければ勝ち上がるのは難しい。岩井監督のタクトのもと守りを安定させていきたい。

春季大会で快進撃を見せたのが山村学園。エース左腕・和田は長身から繰り出す角度のあるボールを武器に勝ち上がり、関東大会では東海大相模の強力打線を相手に渡り合って自信を深めた。打線も主砲の橋本を中心に切れ目がなく、埼玉のニューフェースとして殴り込みをかける準備は整ったといえそうだ。

その他では、昨夏の経験者を多く残す浦和学院、春季大会準優勝の浦和実、昨秋に花咲徳栄を倒した東農大三、埼玉栄聖望学園などの強豪校にも注目が集まる。

過去5年の埼玉県の甲子園戦績

2014年代表…春日部共栄  2回戦進出

2015年代表…花咲徳栄   ベスト8

2016年代表…花咲徳栄   3回戦進出

2017年代表…花咲徳栄   優勝

2018年代表…花咲徳栄(北埼玉) 2回戦進出

      浦和学院(南埼玉) ベスト8

昨年は浦和学院花咲徳栄の2強が出場。ともに勝利を挙げて、埼玉勢の強さを見せつけた。ともに近年優勝を果たしたこの2チームの存在なくして埼玉の高校野球は語れないだろう。ここに平成で準優勝を成し遂げた春日部共栄聖望学園の2校が加わった私立4強の壁は本当に高いものがある。その他のチームにとっては、甲子園は遠い存在となっているのは間違いないだろう。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.