2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。大阪府の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。大阪府の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋…履正社

春…大商大高

大阪桐蔭、履正社の2強時代に終止符が打たれるか

春季大会では久々にベスト4に大阪桐蔭履正社の名前も残らなかった。2校のチーム力は今年も高いとはいえ、激戦の大阪は新たな時代に突入しようとしているのかもしれない。

選抜出場の履正社は春は大商大高に準々決勝で敗退。それでもエース左腕・清水を中心とした投手陣と小深田・井上を中心としたパワフルな打線は健在であり、総合力ではNo.1だろう。選抜では星稜の奥川の投球に圧倒されたが、夏に向けて打線の層も厚くなってきている。2016年以来の夏出場に向けて歩みを止めるつもりはない。

その履正社が最も恐れる王者・大阪桐蔭は新チーム結成以降はなかなか結果が伴わなかったが、ここにきてけが人が続々と復帰。特にエース格の中田が復調した投手陣は、秋春の主力だった新井・藤江と合わせて陣容が整ってきた。2年生の船曳、西野が中心の打線はまだまだ成長途上な分、伸びしろも大きい。中野、宮本の2人がチームを統率し、チームワークも十分。今年も大阪桐蔭は侮れない存在だ。

春季大会を優勝した大商大高はエース上田が中心のチーム。最速148キロをマークするストレートは威力十分で、履正社、大阪桐蔭にも十分通用する。打線も大物打ちこそいないものの、上位から下位まで切れ目がなく得点力は高い。創部初の優勝の勢いに乗って、夏の代表切符もつかみ取りたい。

そのほかでは、石井ー藤田の黄金バッテリーを擁する箕面学園、選手個々のポテンシャルの高さに定評のある東海大仰星、昨夏の甲子園経験者の残る近大付、長打力のある打線が脅威の大阪偕星学園にも注目だ。

過去5年の大阪府の甲子園戦績

2014年代表…大阪桐蔭    優勝

2015年代表…大阪偕成学園  2回戦進出

2016年代表…履正社     3回戦進出

2017年代表…大阪桐蔭    3回戦進出

2018年代表…大阪桐蔭(北大阪) 優勝

近大付(南大阪)  初戦敗退

昨年は大阪桐蔭が史上初となる2度の春夏連覇を達成。平成最強の高校と呼べる結果を残した。また、履正社も選抜で2度準優勝に輝くなど、野球どころ・大阪の実力をいかんなく発揮している。今年は例年ほど2強とその他のチームの力の差はなく、新たな出場校が生まれる可能性も十分ありそう。大阪の戦いに注目だ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.