2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。奈良県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。奈良県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…天理

春優勝…智辯学園

今年も天理と智辯学園の2強対決か

今春の県大会を制した智辯学園と個々のポテンシャルは高い天理が2強を形成。ここに今春準優勝の郡山や昨夏代表の奈良大付などが絡む展開となりそうだ。

智辯学園は昨年から主軸を張る坂下、塚本を中心に今年も打線の破壊力はトップクラス。特に塚本は2年連続でサイクルヒットを達成するなど、勝負強さとパワーを併せ持つ強打者だ。投手陣もエース山本に加えて、期待の1年生の小畠、西村も加わり万全の体制。昨年はよもやの敗退を喫したが、その分今年にかける想いはどこよりも強いだろう。

昨年惜しくも準優勝に終わった天理はけが人が出たため春は郡山に大敗したものの、主砲の北野や川端を中心にこちらも打力は高いものがある。特に精神的支柱の北野が戻ってくるのは非常に大木だろう。投手陣はエース左腕の桂田に次ぐ投手が出てきてほしいところ。2年ぶりの代表に向けてしぶとく勝ち上がる構えだ。

県屈指の進学校の郡山も今年は戦力充実。春季大会では天理を10-2と圧倒した。永年指揮を執ってきた森本監督に代わって、生島監督が就任。文武両道の郡山の良さを残しつつ、新たなスタイルも構築しようとしている。4番で捕手の安野を中心に上位打線にはパワーがあり、郡山らしい頭脳的なプレーも交えて2強を崩すチャンスをうかがう。

その他では、2年連続の夏切符を狙う奈良大付、守りの野球で頂点を狙う畝傍、今春4強の高田にも注目だ。

過去5年の奈良県の甲子園戦績

2014年代表…智弁学園    初戦敗退

2015年代表…天理      初戦敗退

2016年代表…智弁学園    2回戦進出

2017年代表…天理      ベスト4

2018年代表…奈良大付    2回戦進出

昨年は奈良大付天理智辯学園の2強に壁を突き破って夏の甲子園初出場。甲子園でも1勝を挙げ、天理智辯学園以外のチームが夏の大会で勝利するのは1993年の郡山以来実に25年ぶりの出来事であった。近年プロ野球選手も数多く輩出しており、レベルの高い奈良県のバトルはますます過熱していきそうだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.