2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。宮城県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。宮城県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…仙台育英

春優勝…仙台育英

昨夏から県内負けなしの仙台育英が突っ走るか

昨夏から3季連続優勝の仙台育英が大本命。東北をはじめとしたライバル校がどこまで食い下がれるか。

仙台育英は本格派右腕・大栄がエースとして君臨。最速145キロの速球を軸にキレのある変化球も持っており、勝負どころで三振も奪うことができる。そのほかに期待の1年生左腕・笹倉らも台頭してきておる、投手王国を築き上げている。打線も昨夏の経験者の小濃を中心に切れ目がない。昨年は浦和学院のエース渡邊(西部)に封じ込まれた悔しい思い出があるだけに、今年は打線爆発といきたい。

永遠のライバル・東北は中西。古山を中心に今年は打力が持ち味。打線の破壊力では仙台育英に引けを取らない。投手陣はエース左腕・石森に期待がかかるが、もう何人か計算の立つ投手が欲しいところ。あとは勝負所で競り合いを制する勝負強さで仙台育英に後れを取りたくない。2016年以来の大舞台で牙を研ぎ澄ましている。

2強に割って入るのは古川か。エース古川は制球力のある右腕で、直球・変化球ともにコーナーに制球可能だ。大石、小野の1,2番を中心とする打線も機動力豊かであり、接戦で終盤に突入すれば、仙台育英・東北の2校をもってしても危険な存在だ。

その他では、長身左腕・庄司のいる聖和学園、剛腕・佐々木を擁する古川学園、投打にバランスの取れた東北学院にも期待がかかる。

過去5年の宮城県の甲子園戦績

2014年代表…利府      2回戦進出

2015年代表…仙台育英    準優勝

2016年代表…東北      初戦敗退

2017年代表…仙台育英    ベスト8

2018年代表…仙台育英    初戦敗退

昨年は仙台育英浦和学院に2013年のリベンジを食らって初戦敗退。しかし、監督が不祥事で交代する中で2年連続で甲子園に姿を現したのはさすがであった。かつて宮城の両雄を率いた仙台育英・佐々木監督、東北の和生監督も去り、新しい時代に突入した感のある宮城の高校野球。2強を中心にどこが台頭してくるのか興味深い。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.