2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。宮崎県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。宮崎県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…日章学園

春優勝…小林西

V候補が敗退し、優勝争いは混とん

7月12日の試合で選抜代表の日章学園、昨夏代表の日南学園が相次いで敗退。優勝争いは全く先が読めない状況となっている。

その中でV候補一番手に挙げるなら昨秋の優勝校の小林西か。エース鶴田は140キロを超す直球とスプリットを武器とする本格派で、県内でも屈指の好投手。2番手には同じく速球派の照喜名も控えており、連戦に不安はない。打線も川端、石川を中心に集中打が光り、優勝に一番近い位置にいるだろう。

投手力で勝負をかけるのは春季大会で4強入りを果たした都城東。エース左腕・武藤に有馬・和田と2年生の140キロ右腕が控え、層の厚さは他の追随を許さない。打線でも一発のある武藤が軸となるが、本選に向けて他の打者の奮起が必要だろう。先制点を取って優位に試合を進められれば、勝利がぐっと近づいてきそうだ。

絶対的エース川島を擁する宮崎一も外せない存在だ。練習試合で明石商の強力打線を完封した実力は間違いなく全国でもトップクラスだろう。宇土、川端ら左の好打者を並べた打線の援護があれば、甲子園に最も近い存在となりそうだ。屈指の好左腕が甲子園でベールを脱ぐことができるか。

そのほかでは、昨春の選抜経験者の残る富島、個々のポテンシャルは高い宮崎日大、長打力のある打者が並ぶ宮崎工にも注目だ。

過去5年の宮崎県の甲子園戦績

2014年代表…日南学園    初戦敗退

2015年代表…宮崎日大    初戦敗退

2016年代表…日南学園    3回戦進出

2017年代表…聖心ウルスラ  2回戦進出

2018年代表…日南学園    2回戦進出

3年連続で初戦突破を果たしている宮崎県勢。日南学園の森山、辰巳や聖心ウルスラの戸郷(巨人)と好投手がチームに勝利を引き寄せてきた。一時期の打撃の良さが目立った時と違い、守りの野球が光る宮崎勢が今年も全国1勝をつかみ取るか注目したい。

 

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.