2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。山口県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。山口県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…高川学園

春優勝…高川学園

秋春連覇の高川学園、3冠達成なるか

秋春と県内負けなしの高川学園が優勝候補一番手か。選手個々の力の高い宇部鴻城が追いかける展開となるだろう。

高川学園は2016年夏以来の出場を視界にとらえる。安定感抜群のエース田上を春季大会では温存して優勝。1年生左腕・河野が台頭し、層が厚くなった。久保田、大内、三家本で形成する中軸を中心とした打線も力強く、機動力も豊か。走攻守に穴がなく、優勝に一番近い位置にいるだろう。

宇部鴻城も選手の力では負けていない。スライダーが武器の左腕・池村に加えて、ストレートに力のある遠山、旗生の両右腕も控えており、連戦にも不安はない。打撃でも中心となる池村や4番田中を中心に打撃陣も売りが鋭く、投打に穴のないチームだ。ここ数年決勝で敗退し続けているチームが雪辱に燃える。

2年連続出場を狙う下関国際も有力候補だ。昨年のメンバーはほとんど残っていないが、エース左腕・木下を中心に粘り強いチームスタイルは健在。1年生の品川を4番に据えるなど、チームの新陳代謝は進んでいる。坂原監督の厳しい指導の下、再び上昇気流に乗りつつある。

そのほかでは、多彩な投手陣を擁する春季準優勝の早鞆、打力の高い宇部商、好左腕・中本が引っ張る聖光、伝統校の岩国南陽工の戦いぶりにも注目だ。

過去5年の山口県の甲子園戦績

2014年代表…岩国    初戦敗退

2015年代表…下関商業  2回戦進出

2016年代表…高川学園  初戦敗退

2017年代表…下関国際  初戦敗退

2018年代表…下関国際  ベスト8

昨年は下関国際が2005年の宇部商以来となる8強入りを達成。山口県勢らしい好投手を機動力を生かした攻撃陣が支える野球で花巻東創志学園木更津総合と強豪を次々に下した。今年もそつのない野球で上位進出を狙いたい。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.