2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。山形県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。山形県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…酒田南

春優勝…鶴岡東

3年ぶりの出場を狙う鶴岡東を追う日大山形、酒田南

春季県大会を制した鶴岡東がV候補筆頭。日大山形酒田南の常連校が追う展開となりそうだ。

鶴岡東は春の県大会で打棒をふるった強力打線が光る。山下、大井、丸山ら長打力のある打者がずらりと並び、集中打で一気に流れを引き寄せる攻撃で他を圧倒した。投手陣もエースの丸山を中心に枚数は豊富。ここ2年は持ち味を発揮しきれずに敗退していたが、3年ぶりの出場に向けて戦力は整ってきた感がある。

追う一番手は秋季大会優勝の酒田南か。エースの渡邊は最速144キロの速球にチェンジアップを織り交ぜて緩急をつけた投球を見せる。打っては4番の伊藤海が持ち前のフルスイングで長打を連発。投打に軸がしっかりしており、久しく遠ざかっている夏の甲子園に向けてこちらも戦力は充実している。

2年連続の代表を目指す羽黒は昨年の奈良大付戦で登板したエース篠田が健在。こちらはキレのある変化球を武器とした投手で、ストレートも伸びがある。野手も昨年の経験者が残っており、鈴木倫や日下部らの強打に期待がかかる。2015年、2016年の鶴岡東以来となる連覇に期待がかかる。

その他では、伝統校の東海大山形日大山形、強打を誇る山形中央、新鋭の米沢中央にも注目だ。

過去5年の山形県の甲子園戦績

2014年代表…山形中央   3回戦進出

2015年代表…鶴岡東    3回戦進出

2016年代表…鶴岡東    初戦敗退

2017年代表…日大山形   初戦敗退

2018年代表…羽黒     初戦敗退

ここ3年間は初戦敗退に終わっているが、すべて惜しい試合での敗戦。全国との距離は完全に埋まっているといえるだろう。2013年に4強入りを果たした日大山形をはじめとして全国で上位に進出した経験を持つチームも増えてきた。再びの快進撃を期待する県民は多い。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.