2019年 予想

2019年夏の甲子園予選。岐阜県の予想まとめ

投稿日:

2019夏の甲子園予選。岐阜県の頂点に輝き101回大会への切符を手にするのはどのチームか!

秋優勝…中京学院大中京

春優勝…大垣日大

今年も中京学院大中京と大垣日大の2強対決か

昨年と同様に今年も中京学院大中京大垣日大が2強を形成。この2チームを中心に大会が進むのは間違いないだろう。

中京学院大中京はここ2年間、大垣日大の後塵を拝しているが、今年は投打に充実。エース不後、主砲で捕手の藤田の強力バッテリーを中心に安定感では右に出るものはないだろう。もう一人の主砲・元を中心に打線の破壊力も例年以上であり、機動力も豊か。スキのない陣容で今年こそ大舞台への切符をつかみ取りたい。

対して3年連続の優勝を狙う大垣日大も負けてはいない。林、小野寺、内藤ら経験も実績も確かな打者の並ぶ打線は得点力が高く、阪口監督の積極采配も相まって流れを引き寄せる。挙げてはストレートに力のあるエース内藤が君臨。2番手以降にやや不安があるとはいえ、今年も侮れないチームなのは間違いない。

名将・鍛治舎監督が率いる県岐阜商も侮れない存在だ。投手陣にけが人が出ているとはいえ、加藤や佐々木を中心に打線は2年生主体ながら力強いスイングを繰り出す。1年生左腕・野崎が経験を積みながら成長していけば、鍛治舎マジックがさく裂しての甲子園も決して夢ではない。

その他では、昨夏の準優勝メンバーが残る大垣商、元福知山成美の田所監督が率いる岐阜第一、個々のポテンシャルは高い市岐阜商美濃加茂にも期待がかかる。

過去5年の岐阜県の甲子園戦績

2014年代表…大垣日大    2回戦進出

2015年代表…岐阜城北    初戦敗退

2016年代表…中京      2回戦進出

2017年代表…大垣日大    初戦敗退

2018年代表…大垣日大    2回戦進出

昨年は大垣日大が4年ぶりとなる甲子園1勝をマーク。しかし、2回戦で金足農の剛腕・吉田(日本ハム)の前に力尽きた。2016年も中京が強力打線で甲子園に臨むも常総学院の好左腕・鈴木を打ち崩せずに敗退と、ここ数年は打力がありながらも屈することが多い。好投手攻略が甲子園で上位まで勝ち上がる課題と言えそうだ。

-2019年, 予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.